日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

イベント

ダイヤモンドプリンセス号の料金、航路は?クルーズ船の船内施設や客室は!

投稿日:

豪華客船として憧れの「ダイヤモンドプリンセス号」ですが、今は新型コロナウイルスに感染した乗客が出てしまったことから現在では海上に孤立した客船になってしまいました。

本来ならば毎日をイベントや豪華な施設で楽しく過ごし、美味しいお料理をいただき楽しめたはずのクルーズの旅行が大変なものになっています。

新型コロナウイルスについては不測の事態だったのでどうすることもできませんが、本来の豪華客船「ダイヤモンドプリンセス号」について調べてみました!

 

ダイヤモンドプリンセス号とは

ダイヤモンドプリンセス号は日本で建造された最大の客船として有名ですね。

建造されたのは2004年で、サファイア・プリンセスと共にデビューしました。

世界最大のプレミアム・クルーズラインで、世界中の60ヶ国360の港へ毎年約200万人を美しい景観に人気エリアへ案内してくれる夢の客船です。

2013年からは外国客船では初めてとなる日本人向けにカスタマイズされた日本発着クルーズを開始しました。そのため最高の時間を過ごそうと、特にシニア世代では人気の豪華客船となったのです。

ダイヤモンドプリンセス号の船内施設や客室

ダイヤモンドプリンセス号の船内の施設です。

 

◆船内施設

・プリンセス・シアター

ここでは毎晩違うエンターテイメントショーを観ることができます。

ラスベガススタイルのダンスショーや、プリンセス・オリジナルの「プロダクション・ショー」、コンサート、マジックショーなどが日替わりで公演され、しかも予約や別途料金は一切ないそう!

日本発着クルーズでは、落語や社交ダンスも楽しめる以外に、日本在住のミュージシャンによる演奏なども予定しているそうですよ。

好きなミュージシャンの演奏が聴けたら幸せですね!

 

・ムービーズ・アンダー・ザ・スターズ

プールサイドに設置された巨大な液晶スクリーン。

ハリウッドの最新ヒット作など世界の名作映画を上映するそうです。昼間はオープンエアの壮大な海と空の中で、夜には空と海を背景に心地よい夜風を感じ、デッキチェアーやジャグジーでくつろぎながらゆっくり鑑賞することができます。

日本発着クルーズでは日本映画が上映されたり、海外映画でも日本語の吹き替えで上映されるそうなのでゆっくり観ることができます。

でもここで日中を過ごす場合には日焼け止め必須ですね!

 

・カジノ

一流のディーラーがエスコートするテーブルゲーム、多彩な種類のスロットマシンを揃え、バーも併設したプリンセス・クルーズ自慢の本格的なカジノです。

カジノを経験したことがない方でもテーブルゲームのレッスンを受けることができ、専門のスタッフが、親切、丁寧にルールやマナーを教えてくれるそうですから安心ですね。

日本では楽しめないカジノで楽しめるなんて羨ましいです!

 

・図書館

多様なジャンルの書籍が揃っています。クルーズ旅行の寄港地に関する書籍もあるので、調べてから観光地を訪れるのも楽しいですね。日本発着クルーズでは日本語書籍以外にも、将棋、囲碁、オセロなどのボードゲームも豊富に用意されているそうですよ。

夫婦で対決すると喧嘩になりそうだから、ゲーム仲間を作るのもいいですね(笑)

 

・インターネットカフェ

全客船に24時間営業のインターネットカフェがあります。最新鋭のコンピューターでウェブメールやインターネットを自由にご利用でき、客室やアトリウムなどでも利用できるワイヤレスネットワークを導入していますので、無線LANで通信できるノートパソコンやタブレット端末などを持参すれば使い慣れた端末も使うことができます。

でも仕事の持ち込みはしたくないですね~。

 

・バー&ラウンジ

バンドの生演奏やスポーツ観戦が楽しめるバー、ダンスができる広いラウンジです。シガー・バーもあるそうですよ。

日中はダンスレッスンやビンゴ大会、夜にはダンスなどが行われます。

ダンスのレッスンを受けて披露するのも楽しいかもしれないですね。ビンゴは嬉しいです!

 

・プールデッキ

泳いだり、ジャグジーにつかったり、デッキチェアでのんびりしたり。好きなように楽しめる場所です。

ハンバーガーやホットドックなどの軽食やアイスクリームやドリンクなどといったものも用意されているそうですよ。

3食付きなのにやっぱり泳いだらお腹がすいちゃう!美味しいものと運動で、健康にも気を使いながら過ごせるのがいいですね。

 

・スパ/ビューティーサロン

フェイシャル、アロマストーンセラピー、ボディラップ、マッサージなど最先端のメニューを個室で受けることがでるスパです。併設のビューティーサロンでは、フォーマルナイトのためのヘアセットはもちろん、ヘアトリートメント、スパ、ワックス脱毛、ネイル、男性用ビューティーメニューなど本格的な美容メニューも揃っています。日本発着クルーズでは、日本語セラピストも乗船しているそうなので安心ですね。

普段の生活では贅沢だと思いますが、特別な日にはこんなサービスを受けるのもいいですね。う~~ん、やっぱり行ってみたい!

 

・サンクチュアリ

最上階デッキにある「サンクチュアリ」は、緑豊かな屋外のリラクゼーション・スペース。海風を感じながら、ふかふかのソファの上でリラックスした時間を過ごせる大人のオアシスで、ヘルシーな特製フルーツドリンクや軽食なども楽しめます。エリア内のテントでマッサージも受けられますよ。

自宅だと自由な時間って結局ないんですよね。いつも何かに追われてる!

こんなところでボーっとしたり本を読んだりして過ごしてみたいです。

 

・展望浴場「泉の湯」

日本発着クルーズに就航しているダイヤモンド・プリンセスでは、オーシャンビューの展望浴場「泉の湯」があります。

屋内にはオーシャンビューの岩の湯や糸杉の湯、ドライサウナ、ミストサウナ、打たせ湯を、水着で入る屋外には男女共用のスパプール、足湯が完備されています。

ゆったりお湯につかりながら、輝く朝日や夕日に染まる大海原を眺めることができる洋上最大級のリラクゼーション空間です。

日本人なら最高のリラクセーションといったらはやり温泉ですね。しかもオーシャンビューの温泉なんてすごすぎます!

 

・フィットネスセンター

オーシャンビューの「ロータス・フィットネス」。最先端のエクササイズマシンが無料で利できます。エアロビクス・スタジオは、専門のインストラクターによるピラティス教室やヨガ教室なども開講されています。

これだけ広い船内を歩くだけでも運動になるとは思うのですが、汗を流すといったらフィットネスですね。はやりのピラティスやヨガも教えてもらえるのならやってみたいです。

 

・デッキスポーツ

デッキをぐるりと回る開放的なコースでのウォーキングやジョギングのほか、ミニ・ゴルフ、卓球、パドルテニス、バスケットボールなど、デッキ上では様々なスポーツやゲームが楽しめます。ダンスレッスンや卓球大会、ミニゴルフコンペなどのイベントも随時開催しているそうです。

毎朝お散歩を日課としている私にとってはとても嬉しい!(といっても犬のお散歩ですが)

一緒にクルージングしている方との大会やコンペも楽しいイベントになりそうですね。

 

・ショッピング

船内のショップはすべて免税。一流ブランドのアクセサリーや時計、化粧品のほか、お土産品、ロゴグッズ、日用雑貨など幅広い商品が揃っています。

航海中は夜までオープンしていますので、夕食後でもゆっくり買い物を楽しむことができます。

女性にとって買い物はストレス発散になる1番の方法です。しかも免税!この誘惑に勝てる女性っているのでしょうか?

 

身体を動かしたり、ゆっくりとリラクゼーションをしたり、調べ物や書籍を楽しんだりと、自由な時間を過ごす施設だけでもこんなにたくさんあるのですね!

何日滞在してもすべての施設を使いこなせそうもないほどの数です。

一部有料のものもあるようですが、お買い物以外はほとんど無料で使えるのがやっぱり魅力です。

 

◆レストラン

・メインダイニング

ダイヤモンド・プリンセスには、メイン・ダイニングが5ヵ所あります。フルコースディナーのほか、本格的な朝食や終日航海日の昼食、さらにはアフタヌーンティーも用意されているそうですよ。

日本発着クルーズでは、毎晩同じ時間、同じ席、同じスタッフから心温まるサービスが受けられる「トラディショナル・ダイニング」スタイルのディナーが楽しめるそうです。

高齢者や小さなお子さんにとっては安心できるサービスですね。

 

・寿司レストラン

ダイヤモンド・プリンセスには、プリンセス・クルーズ初となる本格的な寿司レストラン「海(Kai)寿司」があります。海の上でお寿司なんて贅沢!でも食べてみたいですよね。

 

・ステーキハウス

ブランド牛「スターリングシルバー・プレミアムミート」から、お好きな部位を選び、シェフがお好みの焼き加減で提供してくれるアメリカン・スタイルのステーキを楽しむことができます。

かなり本格的なステーキが楽しめるようです。部位などあまり詳しくない私はおまかせで美味しいステーキいただきたいです(笑)

 

・イタリアンレストラン

イタリア・トスカーナの正統派トラットリアの雰囲気が満喫できる高級イタリアンレストラン「サバティーニ」。旬の食材を使ったパスタや素材を生かしたシーフード料理、ティラミスなどのデザートまで幅広いメニューを楽しめます。

長い旅行になると、お肉やお魚だけではなくパスタなど食べたくなりますよね。日本人は麺類が好きですから。本格的なイタリアンまで用意されているなんて、さすが豪華客船ですね。

 

メインダイニングだけでも5カ所あるというのに、それ以外にもお寿司、ステーキ、イタリアンと好きな食事を楽しめるなんて。「もう食べ飽きた~」なんて絶対言わせない!という気持ちが伝わってきます。

 

◆船内客室

プリンセス・クルーズの主な客室は5種類。

内側ツイン、海側ツイン、バルコニー付きツイン、ジュニア・スイート、スイートが用意されていて、予約時にお好きなお部屋を選べます。

「スリープ・ドクター」の異名をとる米国医師会認定の睡眠の専門家、マイケル・ブレウス博士やHGTVのデザイナーとして有名なキャンディス・オルソン氏と共同開発した「プリンセス・ラグジュアリー・ベッド」。マットレス、ピロー、リネン、布団など細部にまでこだわった特別なベッドで、快適な睡眠を取ることができます。こんなに素敵なベッドで過ごしたら、家のベッドで眠れるか心配になります!

すべての客室に、電話、ヘアドライヤー、シャンプー、コンディショナー、ボディーローション、石鹸が用意されています。ダイヤモンド・プリンセスでの日本発着クルーズでは、客室にポットとお茶セットのほか、スリッパも用意。客室テレビにはNHKの衛星放送もあるので、ニュース、スポーツ、ドラマなどが日本語で楽しめるほか、ムービーチャンネルで日本映画も上映されています。また、船内案内、寄港地観光のハイライトも日本語で視聴できます。

 

館内施設がたくさんありすぎて、客室で過ごす時間が少なくなりそうな気がしますけど、自分のお部屋のように快適に過ごせて、ぐっすりと眠れる寝具が使われていることは安心ですね。

また日本語で過ごすことができるのも安心で安全なことだと思います。

 

現在は停泊中ですが、情報が少ないといいながらも日本語でサービスが受けられ、NHKのニュースが見られるだけでも安心です。施設は利用できないものの、客室で滞在するのにも不自由はそれほどなさそうで、ベッドでの休息もきちんと取れそうなのは安心しました。

ダイヤモンドプリンセス号の航路や寄港地は

日本発着クルーズの寄港地情報です。

上記地点が寄港地です。

寄港地により様々なツアーが組まれているようですよ。

主な寄港地は以下の通りです。

◆日本

・横浜、神戸

・知床半島、小樽、室蘭、釧路、函館

・青森、酒田、石巻、秋田、宮古、新潟、伏木富山、金沢、敦賀

・清水、名古屋、蒲郡、熊野、鳥羽、四日市

・大阪、姫路

・境港、広島、岩国、徳島、松山、高知

・博多、長崎、八代、別府、油津、鹿児島、那覇、宮古島、石垣島、その他の九州沖縄

◆中国

・香港

・厦門

◆ロシア

・コルサコフ

・ウラジオストク

◆韓国

・釜山

◆台湾

・基隆(台北)

・高雄(台南)

・花蓮(台湾)

◆ベトナム

・チェンメイ(ダナン・フエ)

・カイラン

 

ツアーにより寄港地や航路も違い、年度によってもツアー内容が変わりますので、予定されている方は出向予定日のツアーでご確認ください。

ダイヤモンドプリンセス号の乗船料金は

ダイヤモンドプリンセス号の乗船料金ですが、こちらもツアー内容や滞在期間、出発日などの条件によって異なりますので正確な乗船料金はお知らせできません。

 

2020年7月の横浜出発で16日間で計算すると、

スイート ¥1,292,000~

ジュニア・スイート ¥752,000~

海側バルコニー ¥546,000~

海側 ¥378,000~

内側 ¥356,000~

 

おおよそこのくらいの乗船料になりました。

詳しく調べたい方はこちらより検索して参考にしてください。

プリンセスクルーズ検索 https://www.princesscruises.jp/search/

口コミ、感想

乗船された方の声です

 

 

 

 

◆食事、ダイニング

今回はスイートでしたので、円卓大人数ではなく、プライベートな空間で時間に縛られる事なく好きなタイミングでお食事をいただけました。

お料理もどれも美味しく、有料のレストランに行けばお値段相応の美味しく綺麗な盛り付けのお料理をいただけました。

“SHARE by Curtis Stone”は有料ですが、お店の雰囲気もよく、美味しいのでお勧めです。

乗船初日に有料レストランが無料でしたが、それに気が付かず、せっかくの機会が無駄になってしまいました。次回からは乗船後すぐに部屋に届いている手紙を先ずは読もうと思っています。

 

7月、10月と乗船しましたが お料理の質が上がっているように思いました 昨年とは比較にならない位良くなっています。又スタッフも他の船との差別化を意識しているのか レストランマネージャーから入り口での挨拶、帰りは「ありがとうございました」声をかけてくれます。

日本就航が多くなり激戦になりサービスが向上することは良いことです。

 

◆部屋

今回が初めてのクルーズ旅だったので、他のお部屋と比較ができないのですが、やはりスイートだけあって船内とは思えない普通のホテルの広さでした。

玄関から、リビング、寝室、バスルーム、トイレが扉を開けていくと繋がっていて一周できるぐらいの広さです。

生花も飾ってあって素敵なお部屋です。

プールまでも階段で一つ上がればすぐ、エレベーターホールも近いので使い勝手が良いお部屋でした。

ベッドも大きくフカフカで、ぐっすり眠れました。バスローブもスリッパもあり。

クローゼットは30着は余裕でかけられます。

バスタブもあり、快適です。

バルコニーも広くテーブルセットの他にリクライニングチェアーも二脚あり、暖かい内はそこでドリンクを飲みながら本を読んだりしました。

マイナス点は、いつのか分からないピーナッツがソファー横に散らばっていたこと。

シャワーヘッドが固定されている。シャワールームの排水が良くなく、足元に水が溜まってしまうことです。

 

前回はバルコニーだったが今回はジュニアスィートを利用した。

部屋も広く、何よりバスタブが大きくまたトイレもウォッシュレット付きで非常に快適に過ごすことが出来た。

 

◆船内の施設、アクティビティ

船内では太極拳や、ビンゴ、プールサイドでの映画鑑賞や、カラオケ大会、マジック、ミュージカル等一日中飽きずに、忙しく船内を回っていました。人生初のカジノは負けましたが楽しかったです。

 

アクティビティー人数ついては 毎回同じかなと思いますし 特にシニア(上級)クラスのイベントがメインなので少し物足りません せめてスポーツ系のイベントが人気なので 沢山入れてくれるといいですね。

今回初めて見たのが最終日のシアターで催されたクルーズスタッフのショーです、シンガー&ダンサーでは無く ウエイターとかホテルスタッフとかが特技を見せるショーで とても楽しかったです ディレクターのミキ子さんの歌も聞けました 意外と上手でさながら高橋マーサのおうです。

 

◆サービス、スタッフ

困った時に伺えば皆様すぐに対応していただけました。しかし、私はおぼつかない英語しか話せないのでなんとなく厄介がられてた気がします。

唯一、有料レストランではこんな私たちにも分かりやすい英語で色々話しかけてくださったり、お気遣いもいただき心安らぐ時間でした。

ただ、今回ついていただいたバトラーさんは優しかったですが、船内情報が曖昧で、教えていただいたスケジュールに結構振り回されました。

サービス面では、前夜に予約しておけば毎朝ルームサービスで無料でモーニングコーヒーなどをいただいたり、アフタヌーンティーもいただけました。

 

今回の部屋の担当は今まで多くの船を乗船しましたが最高のスタッフでした。

何より仕事が早く丁寧です。

終日航海日などは長らく部屋を使用していますが チョット部屋を出た時に清掃が終わっている。

シャワールームのシャンプーなど毎日チョット少なくなっただけで補充します。

驚いたのが早朝運動に部屋を出た時 通路の壁の高さ1m位にある 1cm位の長いサンを雑巾がけしているのを見かけました 決まった事でしょうが色々なクルーズの中で初めて見ました

 

何度もクルーズをしている方もいるのですね!私なんて一生に一度でいいからいつか行きたい!ぐらいに思っていましたが、滞在日数や食事付、お部屋や施設利用などを考えると意外とダイヤモンドプリンセス号を利用する方が多いのかもしれません。

満足度もなかなか高いようです。

まとめ

現在は残念ながら新型コロナウイルスで有名になってしまったダイヤモンドプリンセス号。ですが調べてみるとやはり夢のような時間を提供してくれるクルーズ船だと思いました。

客室も食事もアクティビティも充実していて、私も将来夫がリタイアしたら(しかもお金があったら)ぜひ乗ってみたいと思いました。

-イベント

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//