日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

事故 国内ニュース

小田原厚木道路で覆面パトカーとトラックが衝突事故!当時の動画画像は?目撃者やネットの反応も

更新日:

2月12日午後、大磯町国府新宿の小田原厚木道路下り線で、覆面パトカーとトラックが衝突する事故がありました。

当時、覆面パトカーは緊急走行中だったようです。

 

一体どうしてこのような事故が起きてしまったのでしょうか?

覆面パトカーが衝突事故だなんて、聞いたことがありません。

 

今回は小田原厚木道路で発生した覆面パトカーとトラックが衝突した事故について調査していきましょう。

 

小田原厚木道路で覆面パトカーとトラックが衝突事故の概要

“12日午後4時40分ごろ、大磯町国府新宿の小田原厚木道路下り線で、緊急走行中の県警第2交通機動隊の覆面パトカーと、伊勢原市に住む男性会社員(48)のトラックが衝突した。パトカーには運転していた男性巡査長(32)ら2人が乗っていたが、男性会社員も含め、けが人はなかった。”

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00000020-kana-l14

 

けが人が出なかったというのは、不幸中の幸いですね。

それにしても、覆面パトカーが衝突事故だなんて・・・

どちらに非があったのかはわかりませんが、車の衝突事故は周囲を巻き込んでしまう危険性もあるので、本当に気をつけなければいけませんよね。

自分に悪気がなくても、相手に何かあれば大変なことになってしまいます。

小田原厚木道路で覆面パトカーとトラックが衝突事故の経緯

“12日午後4時40分ごろ、大磯町国府新宿の小田原厚木道路下り線で、緊急走行中の県警第2交通機動隊の覆面パトカーと、伊勢原市に住む男性会社員(48)のトラックが衝突した。パトカーには運転していた男性巡査長(32)ら2人が乗っていたが、男性会社員も含め、けが人はなかった。

  同隊によると、現場は片側2車線の直線道路。パトカーは数キロ手前でスピードを出している乗用車を発見し、サイレンは鳴らさず赤色灯をつけて追跡していた。右側車線を走行中、左側から車線変更してきたトラックと接触後、中央分離帯の壁に衝突した。同隊は「パトカーの運転が適切だったかどうかも含めて調べている」としている。”

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20200212-00000020-kana-l14

 

衝突したのは直線道路だったようですね。

カーブならまだ百歩譲ってわからなくもないですが・・・

これだけを読むと、トラックの運転手に非があるように思えます。

パトカーは事故発生時すでに赤色灯を付けて走行していたわけですし、運転しているときにはパトカーや赤色灯に敏感になるものですよね?

しかも、トラックが車線変更をしたときに衝突したということなので、車線変更する際の確認もしていなかった可能性が高いでしょう。

小田原厚木道路で覆面パトカーとトラックが衝突事故の場所は?

今回、覆面パトカーとトラックが衝突事故を起こしたのは、小田原厚木道路・下り線です。

 

事故現場は片側2車線の直線道路だったようです。

だからこそ、トラックは車線変更したのでしょう。

ただ、きちんと確認していなかった可能性がありますね・・・

小田原厚木道路で覆面パトカーとトラックが衝突事故の当時状況、動画画像は?

衝突事故発生当時の状況がわかる動画や画像はこちらです。

 

事故発生直後、長時間にわたって渋滞が発生していたようです。

小田原厚木道路で覆面パトカーとトラックが衝突事故の原因は?

小田原厚木道路で覆面パトカーとトラックが衝突してしまった原因は一体何でしょうか?

現在事故の原因やパトカーの運転が適切だったかを調査しているようです。

 

現時点である情報を元にして事故原因を考えてみると、トラックの運転手の不注意なのかな?と思います。

覆面パトカーがサイレンを鳴らしてない状況だったにしろ、赤色灯があれば普通は気づくでしょう。

そのための赤色灯なのですから・・・

 

しかも、車線変更をする際には元々右側車線を走行していたパトカーがいながらも、入ってきたわけです。

赤色灯に気づいていない、車線変更する際も後ろを気にしていない、その点から考えると確認していないということが事故の原因かと思います。

 

報道されている情報は現時点では多くないので、あくまでも予想でしかありませんが・・・

目撃者やネットの反応

“左から右に進路変更でサイドミラー確認しないの?

車間あったかなかったか知らないけど赤色回ってて気付かないって絶対見てないんだろうね。

正直しっかり確認してたら右車線の覆面の速度が出てたとしても、およそ分かるし判断できると思う、ましてや運転を職業にするドライバーなら尚更。

ただ今回はトラックだったけど正直乗用車でもトラックでも指示器ださない、確認しない、突っ込めば後ろが止まるだろう運転多すぎる。”

“ここはたしかに取締りが多い。走ってて、無理な追い越しする車だなぁと思っていたら、しばらく先で赤色灯つけて止まっているのを見たことがある。取締り名目のための取締りという感じもしなくはない。”

“ここの覆面パトカーは煽り運転で有名だし、緊急走行出なくても、異常な速度でいつも走っている。警察官にもパトカーにも録画装置を義務付けすべき!警察官にも違反行為等しても、俺が法律だの輩が多いのは神奈川県警の特徴”

“ここは警察のドル箱路線 気合い入ってます ただ赤色灯はグリルのみ 止める時だけ天井の赤色灯が出る はたして緊急自動車の法的要件を満たしているか疑問”

引用:https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20200212-00000020-kana-l14

 

神奈川県警のよくない評判もありますね・・・

そうなってくると、覆面パトカー側にも非があるような気がしてきますね。

まとめ

今回は2月12日に発生した小田原厚木道路での覆面パトカーとトラックが衝突した事故について調査しました。

結果的にはどちらにも非があるような気がしてきました。

何にせよ警察に対しても評判が良くないということはわかりましたね。

運転中は周囲をきちんと確認しましょう。

-事故, 国内ニュース

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//