日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

事故 国内ニュース

小田急線玉川学園前駅で人身事故!状況動画画像や身元情報は?目撃者やネットの反応も

投稿日:

電車と人身事故というのは、悲しいですがなくならないのが現状です。

毎日どこかの路線で人身事故は起きてしまっています。

今回は、小田急線玉川学園前駅で人身事故がおきてしまいました。そのため、さまざまな方面に影響がでてしまったようです。

この小田急線玉川学園前駅の人身事故の概要、影響などを解説していきたいと思います。

 

小田急線玉川学園前駅で人身事故の概要

2020年2月12日午前8時27分頃、小田急線玉川学園前駅ホームで発生しました。

この人身事故の影響で、一時、新百合ヶ丘―町田駅間の運転を約1時間半見合わせていました。

しかし午前9時53分頃運転再開しました。

小田急線玉川学園前駅でおきた人身事故の当時の状況、動画画像は?

小田急線玉川学園前駅のホームから、通過中の新宿発藤沢行きの急行列車に接触しました。

急行列車の乗客は、「走行中に列車にドンッという衝撃とともにキイ―――――!!!ガタンと止まったそうです。」

その後、車内のアナウンスで「人と接触した模様です」と実に冷静に報告があったようです。

また、事故現場ではブルーシートがかけられて、周辺には肉片が飛び散ってしまったそうです。

警察の人と駅員さんで、肉片を集めて袋に入れて集めていたそうです。本当に、警察官の方と駅員さんには頭がさがります。

 

小田急線玉川学園前駅で起きた人身事故の原因は

管轄の町田警察署では、駅のホームから、少女が飛び込む防犯カメラの映像から、自殺とみて調査しています。

 

小田急線玉川学園前駅で起きた人身事故の身元情報は?

今回の人身事故で自殺されたのは、同市に住む中学3年生の女子生徒(15歳)と判明しました。

警察や救急の懸命な救出作業もむなしく、まもなく死亡が確認されました。

目撃者やネットの反応

ここでは、実際に当日事故に遭遇した人々の目撃情報をご紹介したいと思います。

 

「毎日どこかしらで人身事故」

「最近の小田急線は人身事故が多いな」

「意識失った人も出た。」

朝のラッシュの時間帯で、通勤・通学の時間で影響が出た人も多数いるようですが、そんな混雑の時間だけあって、目撃者も大勢いたようです。中には、ショックで意識を失った人まででたそうです。

そんな状況からもかなりショッキングな現場だったことがうかがい知れます。

目撃者の心の傷お心配です。

まとめ

今回小田急線玉川学園前駅の人身事故は、まだ中学3年生の女生徒だったようですね。まだこれから先、楽しいことや、幸せなこともいっぱいあったのに、自ら命を絶ってしまったことは非常に残念です。

ただ、彼女にはとても辛いことや悲しいことがたくさんあったのかもしれません。でもどうか、命を絶つ考えが浮かんでしまったら、誰かに相談してください。そして命を絶つ勇気があれば生きることができます。

朝いってきます。と普段通りに出かけた姿を見た親御さんはさぞかしショックだったでしょう。

実はこれだけ人身事故が増えているということは、それだけ目撃者も増えています。意外と気づかれないのですが、目撃者の心のケアもとても大切なのです。

みんながつらい思いをしないよう、人身事故が1件でも多くなくなってくれることを祈ります。

-事故, 国内ニュース

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//