日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

スポーツ

ザギトワ活動休止は身長体重が要因?体型の変化とGPファイナル惨敗の理由も!

更新日:

大変ショックなニュースが入ってきました・・・。

フィギュアスケートのザギトワ選手が、しばらく活動を休止すると発表しました。

2018年に平昌オリンピックで金メダルに輝いたザギトワ選手、まだ17歳にも関わらずなぜ活動休止を選択してしまったのでしょうか・・・。

 

要因について詳しく調べてみました!

 

ザギトワが活動休止を発表

ロシアの女子フィギュア選手であるアリーナ・ザギトワ選手が13日、ロシアの国営テレビに出演し「今月開催されるロシア選手権には出場しない」、そしてフィギュアスケートの活動を一時的に停止すると発表しました。

 

活動休止ということはこれから控えているヨーロッパ選手権や世界選手権には出場せず、アイスショーなどに専念するということです。

 

2018年のシーズンはオリンピックの金メダルだけでなく、世界選手権でも圧巻の演技で優勝を果たしていました。

 

しかし今シーズンからはロシアの若い選手の活躍に阻まれ、なかなか勝てない大会が続いていました・・・。

 

そして先日7日のグランプリファイナルでは、出場6選手のうち6位という結果に終わってしまったのです。

 

私もフィギュアスケートは大好きでいつも見ているので、ザギトワ選手がこれから見られないのは本当にショックです。

ザギトワ体型の変化も活動休止の要因か

ではいったいなぜ活動休止をすることになったのでしょうか。

 

ザギトワ選手ご本人は

「私は人生に求めるすべてを手に入れたが、人生とは常に何か満たされないものがあるべきだ。何かを手に入れたいと再び思えるよう、スタート地点に戻りたい」

引用:https://www3.nhk.or.jp/news/html/20191214/k10012214881000.html 

 

と語っています。

具体的な要因は語っていません。

 

考えられる要因としてはまず「体型の変化」が挙げられます。

先日のグランプリファイナルでも、ジャンプがうまく飛べずに足も負傷してしまっています。

 

17歳の女性ですから、誰もが体型の変化を感じる時期ではありますよね。

ネット上では「太った」と言われていますが、17歳はホルモンなどの関係で太りやすい時期でもあるんです。

 

ではその体型を詳しく比較してみましょう。

ザギトワ全盛期との身長体重の比較

全盛期は2018年ですね!その頃の画像を見てみましょう。

引用:https://twitter.com/ISU_Figure 

すらっとしていて細いですよね。まだなんとなく幼さも残る感じです。

 

では2019年現在のザギトワ選手はというと・・・

引用:https://twitter.com/ISU_Figure

確かに少し体型は変わったかなという印象がありますよね。

 

ですがこの時期は体型の変化があるのは当たり前のことですし、誰もが経験することです。

体型の変化が原因の一つなのかもしれませんが、そこは仕方がないことですよね。

GPファイナル惨敗も体型の変化が要因?

GPファイナルでは6選手中6位という結果になってしまいました。

この結果にザギトワ選手は演技後はまさかのノーコメントでした。

それほどまでショックを受けていたのでしょう。

 

このGPファイナルではジャンプが軒並み回転不足となってしまったのが敗因でした。

ジャンプが飛べても降りられなくなるのは、やはり体型が変わって飛び方や今までの感覚とは変わってしまったことが原因なのかもしれません。

 

またこれから飛び方を研究し、体型が変わっても自分のスケートを見つけてほしいなと思っていた矢先の活動休止になってしまいましたね・・・。

後輩のシニアデビューについて

GPファイナルはロシアのザギトワ選手の後輩にあたる3選手の大会のようになりましたね。

続々とシニアデビューし、4回転を普通に飛ぶようなレベルになっていました。

 

ロシア コストルナヤ選手 247.59

ロシア シェルバコワ選手240.92

ロシア トゥルソワ選手 233.18

   

こちらの1位、コストルナヤ選手は6位のザギトワ選手と42点以上の差をつけて優勝したのです。

4回転を当たり前のように演技に組み込むようになり、一部報道では「ジャンプ大会」になっているとまで言われています。

 

しかしこの3選手はまだシニアデビューしたばかりの15歳や16歳。

ザギトワ選手はまだ17歳ですが活動休止・・・。

 

この3選手の活躍にも期待したいですが、ザギトワ選手はこの後輩のシニアデビューも大きなきっかけになったのではないでしょうか。

ザギトワのプロフィール、経歴

ではあら雨てザギトワ選手のプロフィールを見てみましょう。

 

名前・アリーナ・ザギトワ

生年月日・2002年5月18日

出身地・ウドムルト共和国イジェフスク

身長・160cm

 

ザギトワ選手の父親はアイスホッケーのコーチ、妹のサビーナ選手もフィギュアスケートをやっている運動一家に育ちます。

5歳でフィギュアスケートを始め、7歳から専門的なコーチにつくようになります。

実はザギトワ選手の母親はフィギュアスケートの夢を持っていて、その夢をザギトワ選手に託したことからスケートを始めたんです。

 

12歳のときにユリア・リプニツカヤ選手を育てたことで名声を得ていたエテリ・トゥトベリーゼさんの元を訪れ、モスクワに来ることを提案されます。

2015年からはモスクワに住む祖母と同居しながら本格的なトレーニングをしますが、3か月でその指導は終わってしまいます。

 

もう一度指導をお願いし再び指導を受けられるようになり、そこから頭角を現し始めます。

 

2017年世界ジュニア選手権で優勝し、グランプリファイナルも優勝、

そこから2018年、オリンピックでの金メダルなどザギトワ選手の時代と言われるほどの活躍を果たしましたね!

 

しかし2019年からは成績が低迷し、活動休止になってしまいました・・・。

 

ザギトワ選手の去年の活躍は本当に目覚ましいものでしたが、誰もがずっと活躍し続けることは難しいですし、まだ頑張ってもらいたかったなというのが正直なところです。

ネットの反応

ザギトワ選手のファンは日本にもたくさんいます。

復活を待っている声がたくさんありました!

 

まとめ

以上、ザギトワ選手の活動休止について調べてみました。

 

とてもショックなニュースであり、これからの女子フィギュアはどうなってしまうのだろうという不安も残ります・・・。

 

私も復活やザギトワ選手が輝いている姿を心待ちにしたいと思います!

-スポーツ

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//