日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

国内ニュース

兵庫県加古川市立中学校で腹を殴った教師は誰、名前や画像は?学校はどこ?

更新日:

兵庫県の中学校で体罰があったことが明らかになりました。

体罰をしたのは30代の男性教諭のようです。

 

最近は何かと学校内での事件が多いような気がします。

自分の立場をわかっていない教師が多すぎるのではないでしょうか。

 

今回は兵庫県加古川市立中学校であった体罰について、事件の詳しい概要や経緯、またその教師とは一体誰なのか、学校はどこなのかなど調査していきましょう。

 

加古川市立中学校の教師が生徒の腹を殴った事件の概要

今年10月、加古川市立中学校の30代の男性教諭が教室で1年生の男子生徒の腹を殴る体罰を加えていたことが、16日兵庫県加古川市教育委員会によって発表されました。

 

教育委員会によると、男性教諭は体罰をしたことを認めているようで、現在はその男性教諭は指導から外されているとのことです。

今後、処分を検討するとしています。

 

あまりにもひどい話ですね。

教師という立場を最低な使い方をしているように思います。

しかも相手はまだ中学1年生・・・

精神的にも傷ついたことでしょう。

どうしてこのような人間が教師になってしまったのか。

教師という以前に、人としても最低だと思います。

加古川市立中学校の教師が生徒の腹を殴った事件の経緯

今年10月、30代の男子教諭は教室にて、1年生の男子生徒に対し腹を殴るという体罰があったことが明らかになりました。

体罰があったことが明らかになったのは兵庫県加古川市立中学校です。

 

男子教諭は腹を殴る際にほかの生徒に対し「今からあかんことが起きる。みんな顔を伏せろ。」と指示をしていたようです。

 

加古川市教育委員会によると、体罰を加えた男性教諭は事実を認めているようです。

体罰を加えた理由に関しては、男子生徒が無断で保健室に行ったからと説明しているとのこと。

 

男性教諭は指導から外されている状況で、処分については今後検討されるようです。

 

「無断で保健室に行ったから」が腹を殴っていい理由になどなるはずがありません。

確かに授業中に無断で教室を出ていくのはいいことではありませんが、何か事情があったのかもしれませんし、もしかすると男性教諭が普段から威圧的なオーラをだしていたとしたら保健室に行きたいことを言えなくても仕方がなかったと思います。

 

とにかくどんな理由があろうと、暴力を振るっていい理由になどなるはずがありません。

周囲にいて「顔を伏せろ」と指示された生徒も怖い思いをしたことでしょう。

まだ中学1年生ですが、ただごとではないことはわかったはずです。

いい大人が、しかも教師という立場でありながらもこんなことをしてしまうなんて、言葉にならないほど虚しいです。

加古川市立中学校の教師の犯行動機は?

先ほども少し触れましたが、男性教諭は腹を殴った事実を認め、体罰を加えた理由に関しては「無断で保健室に行ったから」と説明しています。

 

それのどこが腹を殴る理由になるのか・・・

大人なのにそんなことすらわからないのでしょうか。

そんな人間が今まで教師をしてこられた理由がまったく理解できません。

そんな人間に教えてもらうことなんて、何もないですよね。

 

生徒たちの精神面もとても心配です。

問題のあった中学校はどこ?

調査してみたところ、どこの中学校かというのは明らかになっていないようです。

ちなみに、加古川市立の中学校はこちらです。

・加古川市立神吉中学校

・加古川市立加古川中学校

・加古川市立両荘中学校

・加古川市立山手中学校

・加古川市立氷丘中学校

・加古川市立中部中学校

・加古川市立平岡中学校

・加古川市立平岡南中学校

・加古川市立浜の宮中学校

・加古川市立別府中学校

・加古川市立陵南中学校

・加古川市立志方中学校

 

これですべてなので、このなかのどこかの中学校ということになります。

 

加古川市の市立中学校では今年に入ってから、今回の男性教諭のほかに4人の教諭が体罰で懲戒処分となっています。

とても情けない話ですし、保護者は心配でたまらないでしょう。

また、生徒ももちろん不安が募る一方でしょう。

今年はずいぶんと教師が目立つ事件が多いですね。

どうしてそんな人間が教師になってしまうのでしょうか・・・

腹を殴った教師は誰?

今回、生徒の腹を殴った教師は一体誰なのか・・・

名前や顔画像など調べてみましたが現段階では明らかになっていません。

 

わかっているのは30代の男性教諭ということのみです。

過去にも同様の体罰をしていた!

なんと、衝撃的な事実がありました。

この男性教諭は過去に2度も体罰を加え、懲戒処分を受けているようなのです。

 

結果的にいうと、相当危険な人物だと思います。

そして、まったく反省していない・・・

3度も同じことをしているということは、4度目もあるのではないか?と思ってしまうのが当然だと思います。

1度でさえ、してはいけないことを3度もする・・・

教師としても人としても、終わっていますね。

 

ネットの反応

「体罰は良くない。内申書に「無断で保健室に行く生徒です。注意しても改善が見られません。」って事実を書けばいい。」

「この生徒が素行が悪い生徒かはわからない。そこまで保健室に行くなら何かしらの理由がありそうだけど原因をちゃんと聞いてあげたのかね。教室に行くと暴力をふるわれるからではなくて?」

「わかんないな。これだけ体罰が騒がれているのに。

程度にもよるけど怪我をしない程度の体罰は、この先、生徒の将来にはいいのかもしれないけど、教師本人にとっては、今のルールでは何もいい事なじゃない。

まあ、今回が初めてじゃないみたいだから学習能力がないのかな。」

「この件では、生徒側にも問題があった可能性はある。

しかし、それはそれ、これはこれ、と区別するべきだと思う。

少なくとも過去に複数回に亘る教師の暴力事案が確認されているのだから、流石に解職が相当ではないだろうか?」

確かに、被害を受けた男子生徒の普段の様子や事情はよくわからないので、もしかすると非があった可能性もあるかもしれません。

しかし、男性教諭が過去にも体罰をしていたことが明らかになっているので、男性教諭がまともな教師だとは到底思えません。

もう教師を続ける権利はないのではないでしょうか?

 

参考:

https://headlines.yahoo.co.jp/cm/main?d=20191216-00050200-yom-soci&s=lost_points&o=desc&t=t&p=2

 

■まとめ

兵庫県加古川市立中学校で男性教諭が生徒の腹を殴った事件についてまとめていきました。

これだけ世間が“体罰”に対して厳しくなっていくなか、どうして体罰がなくならないのか不思議ですね・・・

そもそもどうしてこのような人が教師をしているのかが納得できません。

何かしらの対策や改善をしなければいけないでしょう。

-国内ニュース

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//