日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

国内ニュース 生活

ドコモ代理店の販売員の本音が!メモ書きがTwitter拡散で話題!対応がやばい!

投稿日:

とんでもないメモがTwitterで拡散されています。

ドコモ代理店がお客様に対応した際に、お客様に対する非常識きわまりないメモがなんとそのお客様の手に渡ってしまいました。

 

ドコモ代理店のメモ書きが話題の概要

ドコモショップの書類に残されていた信じられないメモ書きがTwitterで拡散されています。

「親が支払いしてるから、お金に無トンチャク」「つまりクソ野郎」

と利用客の状況も把握せずに侮辱したうえで、高額なプランの追加を勧めても通用しそうなどという指示が書かれていました。

ドコモ代理店のメモ書きが話題の経緯

ドコモ代理店の店員によった書かれた信じられないメモが発覚したのは、「桝本輝樹」さんがアップしたTwitterからです。

「知人が携帯の機種変しに行ったら、書類に店長からのセールス指示書がまぎれていたと。

内容がひどすぎる。」

というコメントとともに、実際に書かれたメモが載っていました。

ドコモ代理店販売員の本音が書かれたメモ書きは!

誤ってとはいえ、お客様に手渡されたメモがこちらです。

親に電話料を払ってもらっている方だったようですね。ま、多くの人がいい大人になったら「携帯代ぐらい自分で払えよ!」って思うかもしれません。

でも親が払う=クソ野郎 ってなりますか?

それぞれに家庭の事情があるだろうし、たとえお金持ちで経済的に親に頼っている子供だったとしてもそれでもその人を「クソ野郎」とは言いませんよね。常識ある人間だったら。

 

このお客様はA子さんという女性でした。

A子さんへ記者が電話取材をすると

「『親が支払いしてる』とありましたが、うちは一家で自営業を営んでおり、父親の名義でまとめて支払うと都合がいいというだけの理由です。顧客情報から勝手に事情を推測して、このような指示を出しているのでしょうか。信じられません」

ということでした。まとめて払った方がお得だということだったんですね。

自営業でも家族だけで経営していたりするような場合には「法人」になれないことがありますから、このような方法で携帯料金を安く抑えていたのでしょう。

それを「クソ野郎」呼ばわりされたら頭にくるのは当然です!

 

電話取材した他の内容がこちらです。

「場所は機種変更で訪れた千葉県のドコモショップです。その際、店員からプランの変更を勧められ、ホチキスで綴じられた資料を渡されました」

「やりとりの中で店員がPCを操作し始め、手持無沙汰な時間ができました。それなら変更内容を確認しておこうと資料のページをめくったところ、『クソ野郎』などのメモが書かれていたという経緯です。本来は客に見せない紙が紛れ込んでしまったのだと思います」

対応したドコモ代理店の販売員、おまぬけですね~。まさかそんなひどいメモを本人の書類と一緒にホチキスとめにして渡しちゃうなんて。

メモ書きが見つかった代理店はどこ?

ひどいメモをお客様に渡してしまったドコモ代理店は、千葉県の代理店だとういことはわかりました。

ただ、千葉にはドコモを扱うショップが無数にあり限定ができませんでした。

 

A子さんの友人で、今回このメモをTwitterで拡散してくれた桝本さんは、すでにどこのショップかもわかっているようですが、以下のようにツイートしているので公開するつもりはないようです。

大人ですね。

ドコモ代理店にくらべて、非常に大人の対応です。

このTwitterを「クソ野郎」とかひどいメモを書いた人、見てるでしょうか?

ドコモ代理店の対応はどうだった?

こんなひどい対応を受けたA子さん、きっとショックだったでしょうね。

電話取材に対してこのような回答がされていました。

「メモを発見しすぐに責任者を呼びました。納得できる説明を求めましたが、『すみません』とへらへら謝るばかりで、らちがあきませんでした」

ドコモ代理店の対応はとりあえず「すみません」と言ってへらへらしていたようです。

もしかしたらしょっちゅうそのようなメモが存在していたのかもしれませんね。「しまった!本人に渡っちゃったのかよ~~~」ぐらいにしか思っていなかった態度のように思えます。

 

他にもA子さんはこのようなことを話してくれたようです。

「ドコモ本社に報告したいと申し出ましたが、『コールセンターしかありません』と説明され、直通の電話番号などは教えてもらえませんでした。そのコールセンターも、代理店が用意した番号だったので、ちゃんと本社まで話が通っていたかは分かりません」

「Twitterで話題になってから、ようやく代理店よりお詫びのメールが届きました。何度もなかったかのようにだんまりを決め込んでおいて、事が大きくなって初めて連絡してくるのもおかしな話だと思います」

「インターネット回線もドコモ光の契約を検討していましたが、今回の一件で躊躇(ちゅうちょ)してしまいました」

ひどい態度されたんですね。

A子さんが常識ある、おとなしい方だったからドコモ代理店も舐めていたのでしょうか。お店で大騒ぎされたっておかしくない出来事だと思います。

それなのにTwitterで拡散されて、大ごとになってからお詫びメールって…

これでは代理店だけでなく、ドコモ自体を嫌いになっても不思議じゃありません。いや、ドコモを使っている私も携帯会社変えようかな?って思いますから!

 

今回の件についてNTTドコモに問い合わせたをしたところ、下記のような回答があったということです。

「ツイートにあるような不適切な内容のメモを、お客さまにお渡ししてしまったことは事実です。その他、詳細な経緯等については、現在調査中です」

「このような事態が発生したことを重く受け止めるとともに、お客様にご不快な思いをさせてしまったことを大変申し訳ないと考えております」

「ドコモのお客様窓口では、適正な販売およびコンプライアンス意識の向上について、定期的な研修などで知識の習得や応対スキルの向上、コンプライアンス意識の醸成等に努めておりますが、改めて、当該店舗だけではなく全店舗に対して今まで以上に指導徹底し、再発防止に努めてまいります」

だいたい不祥事があると「現在調査中」なんですよね。本当に調査しているのでしょうか?

あまりにありきたりの回答で、誠意があまり感じられません。まあ私が感じなくてもA子さんにきちんと謝罪をしてくれればいいのですが。

ネットの反応

この悪質ともいえるひどいメモに対するネットの反応を見てみました。

色々なお客様がいるから、ドコモの販売員も対応で苛立つ気持ちもみなさんわかっているようです。それでもこのようなことはあってはならないですよね。

支払いの実態をみて儲けようとしたりするなんて、なんか詐欺の手口みたいで不信感が湧いてきます。

まとめ

今回はメモが渡ってしまったという事実から発覚が明らかになりましたが、メモが渡らなければわからなかったし、拡散してもらえなければ問題にならなかった出来事です。

もしかしたら日常的にあたりまえのような会話として話されていた内容なのかもしれません。

こんな嫌な思いをした人も多いでしょうし、販売側としてもいつもお客様に大きな態度をされてうんざりしている人も多いのでしょう。

このひどいメモが発覚し、拡散されたことは、ドコモ側にとってもユーザーにとってもある意味よかったのではないでしょうか。

少しでもお互いに思いやりを持って対応できるように、心がけたいものだと思います。

-国内ニュース, 生活

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//