日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

ドラマ

アライブがん専門医のカルテのあらすじネタバレ、キャストは!結末、見どころまで調査!

投稿日:

2020年フジテレビ系でドラマ「アライブがん専門医のカルテ」が放送開始されます!

そこで今回は「アライブがん専門医のカルテ」について、あらすじやキャスト、ネタバレ結末について調査してきましたので、報告させていただきます!

 

アライブがん専門医のカルテとは

 2020年1月9日からフジテレビ系で木曜、夜10時から放送される新ドラマです。

 原作無しの完全オリジナル作品で、

「スキャンダル専門弁護士QUEEN」の脚本などを担当している倉光泰子さんが、

脚本担当をしております。

 

がんをテーマにその道のスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く

“メディカル・ヒューマン・ストーリー”です。

アライブがん専門医のカルテのあらすじは

 年間およそ100万人(厚生労働省発表2016年間の新たな診断例数:995,132人)

の人々が診断され、2人に1人が生涯のうちにかかると言われている“がん”。

誰もがなりうるこの“国民病”に立ち向かうべく、

最強タッグを組んだ内科医と外科医の2人の女医。

内科の中でも腫瘍内科<メディカル・オンコロジー>というがんに特化した診療科を舞台に、今の医療現場に最も求められているがんのスペシャリストたちの戦いと苦悩を描く

“メディカル・ヒューマン・ストーリー”です。

また、彼らが奔走する患者たちの生き様や2人の女医がそれぞれに痛みと秘密を抱えながらも、絆を深め合い人生を生き抜いていく姿を、繊細かつユーモラスに描いていきます。

薬物療法を専門とするがん治療に取り組む腫瘍内科は、欧米に比べ、日本ではまだ歴史が浅い診療科ですが、全ての種類のがん患者の診療にあたり、複雑化したがん診療を適切に行うために必要とされている存在です。

本作は、日本のドラマでは初めて本格的に“腫瘍内科”にスポットを当て、

医療現場の新たな一面を描き、これからの時代を生きるすべての人に贈る“新たな医療ドラマ”としてお届けします。

引用:フジテレビ公式サイト



アライブがん専門医のカルテのキャストは

 松下奈緒(恩田心役)

 木村佳乃(梶山薫役)

 清原翔(結城涼役)

 岡崎紗絵(夏樹奈海役)

 小川紗良(佐倉莉子役)

 中村俊介(恩田匠役)

 三浦翔平(関河隆一役)

 田辺誠一(須藤進役)

 藤井隆(光野守男役)

 木下ほうか(阿久津晃役)

 高畑淳子(高坂民代役)

 北大氏欣也(恩田京太郎役)

 

 また、主演のお二人はインタビュー形式でコメントを公式サイトに乗せています。

 木村佳乃さん

 Q:今回のドラマを通じて、伝えたいことはありますか?

 A:「私はある意味、今回のドラマの主役は患者さんだと思っています。

一番辛い思いをなさっているのは患者さんだし、家族の皆さんです。

私は外科医役で出演させていただきますが、

患者さんが主役だと思って臨もうと考えています。」(一部抜粋)

 

 松下奈緒さん

 Q:今回のドラマを通じて、伝えたいことはありますか?

 A:「今回の役をいただくまでは腫瘍内科は知りませんでした。

   がんの治療は外科が最先端なんだろうと思っていたんです。

   でも、腫瘍内科があって、そこから治療方針を決めていく…。

   セリフにもあるんですが、日本の2人に1人ががんに罹るという身近な病気でもありますので、腫瘍内科によって一人でも多くの方が治療に向かうことができればと思います。」(一部抜粋)

アライブがん専門医のカルテのネタバレ、結末は?

 原作無しの完全オリジナルとなっているので、特に情報はありませんでした。

アライブがん専門医のカルテの見どころは?

 日本初の腫瘍内科を舞台にした脚本!

主演のW女医、松下奈緒さんと木村佳乃さんの“14年ぶりの共演” 

この二つだと思います!

 

 この二人は「恋に落ちたら~僕の成功の秘密~」(フジテレビ)で共演して以来、

14年ぶりの共演となります。

 

また、共演当時、松下奈緒さんはデビュー1年目くらいでした。

右も左もわからなかった状況で、頼りになる姉のような存在だったのが、

木村佳乃さんだったそうです。

 

木村佳乃さんは、松下奈緒さんと共演するにあたり

「同じ女性として協力しあって刺激し合いながら、素晴らしい作品を作れたらいい」

とコメントしています。

この14年でお二人とも色々な役を演じているので、

お互いの魅力を引き出す、いいドラマになるのではないかと思います。

 

また、主演の松下奈緒さんのコメントでも言われている通り、

あまり馴染みのない腫瘍内科を舞台としているところも、

興味を惹かれるポイントでしょう!

アライブがん専門医のカルテの口コミや感想

 

 

まとめ

  「アライブがん専門医のカルテ」は、日本のドラマ初の腫瘍内科を舞台として、

  医療現場の新たな一面を描いています。

  がんは二人に一人がなるとも言われているので、かなり興味深いですね。

  

  以上、調査結果でした!

  最後まで読んでいただき、ありがとうございました!

-ドラマ

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//