日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

スポーツ

大阪桐蔭野球部2019年度新入生の出身中学、クラブは!逸材揃いで最強世代に?

投稿日:

2019年度に大阪桐蔭野球部に入学する新入生たちのレベルが高すぎると話題に・・・!

 

ということで、今回は2019年度に大阪桐蔭野球部に入学する新入生を紹介していきます。

出身中学やクラブなども調査していきましょう。

“最強世代”ともいわれるほどの逸材揃いのようなので、大注目です!

 

2019年大阪桐蔭野球部新入生一覧

投手・捕手・内野手・外野手の順に紹介していきます。

 

投手

・関戸康介(せきど こうすけ)

出身中学:明徳義塾中

経歴:ソフトバンクホークスジュニア→明徳義塾中→大阪桐蔭野球部

最速146キロという衝撃的な記録を持つ関戸康介投手。

しかも投げるだけではなく、打ってはスタンド上段に叩き込むパンチ力の持ち主です。

まさに“二刀流”が期待できる選手で、大谷翔平選手が頭によぎりますね~!

メジャーリーグからも注目されるという目が離せない選手の一人です。

 

・竹中勇登(たけなか ゆうと)

出身中学:金光中学

経歴:倉敷ビガーズ(金光中学)→大阪桐蔭野球部

U-15日本代表ということで、それだけでどれだけの逸材かがわかるかと思います。

岡山県出身でさらに同じクラブチーム出身の広島在籍・野村祐輔投手以来の逸材と言われています。

最速140キロをマークする完全なる逸材です。

 

・樋上楓太(ひのうえ そうた)

出身中学:野州市立中主中

経歴:湖南ボーイズ(野州市立中主中)→大阪桐蔭野球部

樋上楓太投手は、なんと中学1年生の時点で120キロ以上を投げるという逸材を超えた怪物的な存在です。

U-15日本代表最速143キロを記録しています。

こちらの記録は硬式野球出身では最速です。

 

・松浦慶斗(まつうら けいと)

出身中学:旭川大雪ボーイズ

経歴:日本ハムファイターズジュニア→旭川大雪ボーイズ→大阪桐蔭野球部

小学生の頃から“チームのために全力投球”を目標に掲げ、どんどんパワーアップをしている松浦慶斗投手。

U-12カルリプケン日本代表です。

左投げ・最速138キロを記録し、これからの活躍がますます期待できる選手です。

ちなみに、松浦慶斗投手の母親の妹の次男は福岡ソフトバンクホークス2016年ドラフト2位の古谷優人選手です!

いや~素晴らしい繋がりですね~!

 

・西川音羽

三原中央リトルシニア出身で、球速は125キロを超える逸材。

今後活躍すること間違いなしの大注目の選手です!

 

捕手

・池田陵真(いけだ りょうま)

出身中学:和泉市立和泉中

経歴:オリックスジュニア→忠岡ボーイズ(和泉市立和泉中)→大阪桐蔭野球部

U-15日本代表の4番で、打撃センスがずば抜けて天才。

野球の技術だけではなく、日本代表でも主将を務めた人間性も池田陵真捕手の魅力です。

 

・田近介人

東海ボーイズ出身で、東海地方を代表する強肩強打の捕手です。

その実力は認められ、優秀賞を受賞しています。

 

・坂玲哉(さか れいや)

出身中学:甲賀市立水口中

経歴:湘南ボーイズ(甲賀市立水口中)→大阪桐蔭野球部

U-15日本代表。

坂玲哉捕手の持ち味は強肩で、中学時代には2塁までの送球が2秒を切るという逸材ぶりなのです。

 

・山本颯太(やまもと そうた)

河南シニア出身の山本颯太捕手は、安定感のあるスローイングが特徴です。

盗塁阻止能力が高く、中学3年生の時には全国大会へ出場しています。

打力にも優れ3番打者として活躍するなど、期待大の選手です。

 

内野手

・石川雄大(いしかわ ゆうだい)

出身は忠岡ボーイズで、関西選抜選手です。

大阪ナンバー1遊撃手と言われているので、かなり期待できるかと思います。

これからの活躍ぶりに大注目です!

 

・宮下隼輔(みやした しゅんすけ)

東海中央ボーイズ出身、ボーイズ日本代表4番です。

宮下隼輔選手の注目どころは“長距離砲”!

これから大阪桐蔭野球部として、ますます活躍してくれること間違いないでしょう。

 

・前田健伸(まえだ けんしん)

山口東シニア出身で、シニア関西ジャパンMVP獲得した実力を持っています。

左の強打者として、大阪桐蔭野球部の将来の4番となることが期待できますね!

どれだけの活躍をみせてくれるのでしょうか!

 

・中森暁大(なかもり あきひろ)

細河レイダース・池田ボーイズ出身の遊撃手です。

俊足強打で関西トップレベルの選手と言われている存在です。

 

・小谷太誠

鳥取中央リトルシニア出身の小谷太誠選手。

鳥取では有名な選手で、鳥取ナンバー1の強打者とまで言われるほどの実力の持ち主です。

大阪桐蔭でも活躍する姿が見られるでしょう!

 

・繁永晟(しげなが あきら)

築城ライズ、福岡ソフトバンクホークスジュニア、飯塚ボーイズで野球経験を積み、2017年ボーイズ選手権大会では優勝経験もある繁永晟選手。

今後の活躍にも期待です!

 

外野手

・野間翔一郎(のま しょういちろう)

中学時代には50メートル6秒を切る衝撃的な俊足の持ち主。

また守備範囲も広く、強肩強打選手として大注目!

「藤原恭大二世」とも呼ばれ、中国地方最強のトップ―バッターなのです。

今後の活躍に目が離せません!

 

・花田旭(はなだ あさひ)

出身中学:東大阪市立新喜多中

経歴:西淀ボーイズ(東大阪市立新喜多中)→大阪桐蔭野球

U-15日本代表1番打者。

走・攻・守の三拍子が揃った逸材であることに間違いないでしょう。

 

・藤原夏暉(ふじわら なつき)

※1分8秒から藤原夏暉選手の紹介です。

 

和泉ボーイズ出身で、投打に才能を秘める逸材。

「中学生版柳田悠岐」として紹介されるほど大注目されている選手です。

 

・山下来球

大淀ボーイズ4番出身。

天才肌の打撃職人と言われている山下来球選手ですが、逸材どころか怪物のようです・・・

 

・藤田翔太(ふじた しょうた)

神戸中央シニア出身、シニア関西ジャパンの3番打者・藤田翔太選手。

2017年にはジャイアンツカップベスト8、2018年にはリトルシニア全国選抜大会準優勝とすでに逸材っぷりが明らかになっています。

これからますます成長して活躍してくれるでしょう!

 

まとめ

今回は大阪桐蔭野球部2019年度の新入生についてまとめていきました。

まさに“最強世代”という言葉がピッタリでしたね~!

大阪桐蔭野球部に新しい風が吹く予感です!

-スポーツ

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//