日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

事故 国内ニュース

南海電鉄貝塚駅でHYDEサザンが人身事故!当時の様子画像と身元情報は!?目撃者やネットの反応は!

投稿日:

南海電鉄貝塚駅でHYDEサザンが人身事故を起こしました。

当時の様子画像ともに、身元情報などについて、見ていきたいと思います。

 

南海電鉄貝塚駅で人身事故の概要

今回の人身事故の概要です。

【日時】2020年3月9日(月) 12時45分ごろ

【場所】南海電鉄貝塚駅

〒597-0083 大阪府貝塚市海塚250−2

今回の人身事故により、南海本線は全線で運転見合わせとなりました。

HYDEサザンって何?

ロックバンド・L’Arc〜en〜CielのボーカリストであるHYDEさんは、和歌山県和歌山市出身で、2019年1月30日より「和歌山市ふるさと観光大使」を務めています。

その関係で、和歌山市と南海電鉄からのHYDEさんへのオファーで、特急サザン(大阪と和歌山を結ぶ)と、HYDEさんがコラボしたのが『HYDEサザン』です。

車両のデザインプロデュースをHYDEさんが手がけています。

2019年12月23日から2020年10月頃まで運行予定となっています。

南海電鉄貝塚駅で人身事故の原因は?

今回の南海電鉄貝塚駅で起きた人身事故について、原因はまだ特定されていません。

鉄道の運転見合わせや運休の原因となって運転再開までかなりの時間がかかることが多いのが「人身事故」です。

今回の事故でも、運転見合わせの際、運転再開見込みの時刻は特に知らされなかったようで、事故対応にかかる時間が予測できないほど、ひどい衝突だったことが伺えます。

今回の事故についてはまだ詳細がわかっていませんが、今後のニュースに注目したいと思います。

南海電鉄貝塚駅で人身事故の当時状況、画像は?

当時の状況画像がこちらです↓

引用元:https://pbs.twimg.com/media/ESo9i9JUYAA6iRo.jpg

現場には、消防隊や警察も駆けつけ、対応に追われている様子です。

車内に閉じ込められた人たちは、大変な思いをしたこととお察しします。

南海電鉄貝塚駅で人身事故の身元情報は?

南海電鉄貝塚駅で起きた事故の身元については、現在のところまだわかっていません。

人身事故の原因で一番多いのが自殺です。

今回に限らず、人身事故では、自殺をした本人やその家族への配慮のため、特定された身元情報が正式に公開されることはありません。

色々と複雑な事情があり、起こってしまった人身事故だとは思いますが、電車の人身事故は大勢の関係ない人たちに迷惑をかけます。

トラブルであれば仕方がないのですが、自分からというのは絶対にやめてほしいと願います。

目撃者やネットの反応

ネットの反応をまとめました。↓

予測していない事故で、予定が狂いますよね…。

復旧までゆっくりしようと気持ちを切り替えるしかないですよね!

 

こちらの方も、まったり待とう!とコメントしており、皆さん人身事故だから仕方ないか…と、諦めており、文句を言っているコメントはあまり見られませんでした。

人身事故でのツイートには、大概怒りのコメントが見られますが、今回の事故では、あまりそういうコメントが見られなかったので、少しほっとしました。

五度目の人身事故とは…。よく電車を利用する方でしょうか。

近年人身事故は本当に増えているように感じます…。

今回の人身事故でたくさんの人が巻き添えをくらってしまったことがわかります。

トラウマになってしまう人身事故。大勢の関係ない人たちに迷惑をかけてしまうのです。

他にも、大事な予定に間に合わくなる、学校行くのやめた、バイトに行けない…など、予定が狂ってしまった人たちのコメントがたくさん見られました。

人身事故が発生してしまうと、運転再開にも時間がかかります。

電車の人身事故は、大勢の人に迷惑をかけてしまうこと、1人1人がきちんと認識していてほしいものです。

まとめ

今回の人身事故でも、たくさんの関係ない人たちが巻き込まれ、大変な思いをしていました。

新型の感染症も流行している今、こんな状況の中で電車の中に長時間閉じ込められてしまうのは、精神的にかなり辛いと思います。

どうしても人身事故がなくならない悲しい世の中ですが、少しでも、こういう事故が少なくなっていってほしいと切に願います。

また、今回の電車は、ファンの方々にとっては、特別な思いがある電車です。

期間限定の車両ですし、多くの人が楽しめるよう、今後はこのような事故が起こらないことを祈ります。

-事故, 国内ニュース

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//