日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

映画

映画「ワンピース」過去作年代順一覧とオススメランキングまとめ!全14作、ワンピース スタンピードも!

更新日:

週刊少年ジャンプで掲載されている尾田栄一郎先生の漫画「ONE PIECE(ワンピース)」はとても人気がありますよね。

私も単行本で読んでいました。

冒険あり、涙あり、友情ありのとっても素敵な内容にいつも感動していました。

 

そんなワンピースは映画になっている作品がたくさんあるんですよ。

ワンピースの映画をまとめてみますね!

 

ワンピース映画全作の年代順一覧

ではワンピース映画が公開された順番に一覧にしました。

 

◆2000年『劇場版 ワンピース』

◆2001年『ワンピース ねじまき島の冒険』

◆2002年『ワンピース 珍獣島のチョッパー王国』

◆2003年『ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険』

◆2004年『ワンピース 呪われた聖剣』

◆2005年『ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』

◆2006年『ワンピース THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵』

◆2007年『ワンピース エピソード・オブ・アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』

◆2008年『ワンピース エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜』

◆2009年『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』

◆2011年『ONE PIECE 3D 麦わらチェイス』

◆2012年『ONE PIECE FILM Z』

◆2016年『ONE PIECE FILM GOLD』

◆2019年『ONE PIECE STAMPEDE』

 

以上14作品が映画化されています。

ただ公開順に時系列が並べられているようではなく、すでに登場している人物についての登場などもあったりしますので、気になる方はちょっと気になるかもですが…。

 

原作にはないストーリーの映画もあります。

またサイドストーリーのような映画もあります。

笑いの映画だったり、感動で涙してしまう映画もあり、ワンピースの面白さや奥深さを感じられます。

ワンピース映画全作のおすすめ個人的ランキング

では私が個人的におすすめする映画ワンピースを紹介させていただきます。

 

◆第14位!(最下位かよ!)

2004年『ワンピース 呪われた聖剣』

封印できぬ、運命の闘い。アスカ島に到着したルフィたちだが、船番のゾロがいない!サンジたちがアスカ島の奥地に広がる湖へと入っていくと、ゾロが現れ美しい少女マヤが大切に抱えていた三つの宝玉を奪って行く。一方、ルフィたちは、道場師範・サガ、弟子のトウマと対峙していた。サガは、ゾロは自分たちの仲間だと言い放ち、妖気漂う長刀でルフィを翻弄する…。

 

というわけで、この映画の主役は「ゾロ」です。ゾロのファンはとても多く、私もゾロは大好きなキャラなのですが、あまりにも原作からかけ離れていて「それは違うんじゃないの?」と思ってしまったので最下位でm(__)m

 

◆第13位!

2001年『ワンピース ねじまき島の冒険』

あ゛仲間も船も盗まれた!?ルフィたちは、愛船「ゴーイングメリー号」を奪われ、伝説のからくり仕掛けの「ねじまき島」に訪れる。島には悪魔の実の能力者たち「トランプ海賊団」が君臨して、島民を苦しめていた…。そこになぞの泥棒兄弟簿ロードとアキースが登場して…、「トランプ5兄弟」の必殺技とルフィたちの熱い戦いに大注目だ。

 

原作ファンにとって愛船「ゴーイングメリー号」は特別な船なのですが、内容があまりにもワチャワチャしていて子供っぽいですね。お子様と一緒に観るには楽しいかもしれません。私はちょっといいかなぁって感じです。

 

◆第12位!

2005年『ワンピース THE MOVIE オマツリ男爵と秘密の島』

史上最大の笑劇!!「偉大なる航路(グランドライン)」を航海中、ルフィ海賊団はオマツリ島の宝の地図を発見!島に着くと突然煌びやかなテーマパークが出現し、肩から花を咲かせたオマツリ男爵が登場して、ルフィに言った。「秘密の宝物をやろう。ただし、地獄の試練を乗り越えられたらな!」この言葉にルフィは飛びついた!地獄の試練–それは…。

 

笑いたい方にはおすすめです。私はどうもワンピースに冒険と感動を期待してしまっているので、おすすめランキングは下ですが面白い作品だと思います。

 

◆第11位!

2006年『ワンピース THE MOVIE カラクリ城のメカ巨兵』

やんのかあああああ!!!大嵐のグランドライン。沈没寸前の海賊船から助け出した黄金総入歯のお婆さんの名はローバ…!?ルフィたちはメカ島にある伝説の宝・金の冠と引き換えを条件にローバを島へ送り届けると、島の領主でローバの息子・ラチェットが現れ、ローバを強引に連れて帰ってしまった…。

 

謎解きが多いのでワクワクする映画です。カラクリも面白いですが、ストーリーはそれほど盛り上がらない感があります。

 

◆第10位!

2002年『ワンピース 珍獣島のチョッパー王国』

ルフィ海賊団改め、オレたち動物王探検隊!?“王冠島”を目指すルフィ一行。海底火山の噴火で飛ばされたチョッパーを探しに島に足を踏み入れたルフィ達だが、そこは見たこともない“珍獣”たちの楽園だった。島では宝を狙う海賊団・バトラー伯爵一味が、秘宝が隠されているというツノのある動物達を次々と襲っていたのだ!

 

チョッパーが主役の映画です。チョッパーファンも多いですよね。

こちらも子供と一緒に観るには楽しい映画だと思います。大人向けではないかなということでこの順位です。


◆第9位!

2011年『ONE PIECE 3D 麦わらチェイス』

いつもと変わらず、のんびりと航海を続けていた“麦わら一味”に大事件が発生! ある朝、ルフィが目覚めると、幼少時代に憧れの大海賊“赤髪のシャンクス”と約束を交わし預かった、命よりも大切な宝物が消えていた! なくなった帽子を探すべく、仲間たちと力を合わせて、絆をかけた冒険が始まる――。

 

ストーリー的には普通ですが、これは3D映画なのでやはり映画館で観ないと意味がないのかなと思います。それでもこの順位だったのは、私はシャンクスから預かった麦わらに対する思いが強いからです!

 

◆第8位!

2016年『ONE PIECE FILM GOLD』

海賊王になることを夢見て、新世界を航海するモンキー・D・ルフィをはじめとする麦わらの一味。彼らは、世界最大のエンターテインメントシティである政府公認の独立国家、グラン・テゾーロを訪れる。世界に名をとどろかせる海賊や海兵、大富豪が集まる、その華やかな様子に圧倒されるルフィたち。そんなグラン・テゾーロを支配し、ばく大な金の力で世界政府をも操る黄金帝ギルド・テゾーロは、ある野望を抱いており……。

 

今までみたことのない、海賊らしからぬ衣装を楽しめる映画です。衣装だけでなく、舞台も演出も劇場版ならでは!といった作品ですね。

 

◆第7位!

2000年『劇場版 ワンピース』

海賊王におれはなる!黄金の大海賊ウーナンが宝を埋めたという黄金の島が舞台。『ワンピース(ひとつなぎの大秘宝)』を目指して今日も航海を続けるルフィ、ゾロ、ナミ、ウソップたち。ケンカ中のところをナミのお宝を泥棒にきたコソドロ三人衆と海賊エルドラゴに攻撃されてしまうが、なんとか逃げ延びエルドラゴに捕らえられていた少年トビオを助け出す。

 

初期のワンピースで、派手さはないけど面白いです。友情が描かれていて私は好きですが、残念ながらまだサンジもチョッパーも麦わらの一味には加入していないので、今では物足りなさもあるかなといった感じです。

 

◆第6位!

2003年『ワンピース THE MOVIE デッドエンドの冒険』

メシより冒険。港町・ハンナバル。そこでは大海賊が競うルールの存在しない世紀の大レース「デッドエンド」が開催されようとしている。冒険の臭いと賞金に誘われすぐさまレースにエントリーするルフィたち。優勝候補といわれる悪魔の実の能力者ガスバーデ将軍、病に倒れるビエラ爺さんのために海賊の懸賞金を狙うアナグマ…それぞれの思いを胸にいよいよレースがスタート!!

 

おそらくONE PIECEの映画の中で一番の長編です。漫画を読んだことのない方でも設定が描かれているので観やすい映画だと思います。ストーリー的にこれぞワンピースといった内容ですね。


◆第5位!

2012年『ONE PIECE FILM Z』

“偉大なる航路”後半の海、元海軍大将・ゼットがエネルギーダイナ岩の奪取に成功した時、“全海賊抹殺”という壮大な計画が動き出す。一方、“新世界”を快調に突き進む“麦わらの一味”。ルフィたちは傷だらけのゼットを介抱するが…。ルフィたちは、やがて“新世界”の運命を賭けた戦いへと臨む!今、史上かつてない死闘が繰り広げられようとしていた–。

 

人気放送作家の鈴木おさむ氏が脚本した映画です。スケールの大きさはすごいです!見ごたえのある映画だと思います。戦いのシーンも迫力があります。

 

◆第4位!

2008年『ワンピース エピソード オブ チョッパー プラス 冬に咲く、奇跡の桜』

決して春の来ないその島に、いま、奇跡が起きる…。グランドラインを航海中、ナミが高熱で倒れてしまう…。ルフィたちが辿り着いたのは“冬島・ドラム王国”。この国にいる唯一の医者、ドクターくれはのもとへ向かう途中、雪山で倒れたルフィたちを発見したのは心優しきトナカイ・チョッパー。

 

これもまた人気のチョッパーが主役の映画です。チョッパーが仲間になるまでのエピソードでもあり、ワンピースの映画の中でもストーリーに感動し、涙してしまう人の多い作品だと思います。

 

◆第3位!

2019年『ONE PIECE STAMPEDE』

海賊の海賊による海賊のための祭典「海賊万博」に招待されたルフィたち麦わら一味。会場には世界中から海賊が群がり、万博の目玉である「海賊王(ロジャー)の遺した宝探し」で、お宝争奪戦が繰り広げられる。しかし、その盛り上がりの裏には、万博の主催者であり別名「最悪の戦争仕掛け人」と呼ばれるブエナ・フェスタの企みがあった。そして、お宝争奪戦が熱を帯びる中、元ロジャー海賊団「“鬼”の跡目」と呼ばれた男ダグラス・バレットが乱入し、ルフィたちの前に立ちふさがる。

 

人気キャラクターも過去にでてきたキャラクターも全員集合の豪華映画です。きっと漫画やアニメ、今まで映画を見てきた人にとっては悲鳴ものですよね。懐かしさもひっくるめての順位です。

 

◆第2位!

2007年『ワンピース エピソード・オブ・アラバスタ 砂漠の王女と海賊たち』

ルフィ、敗れる!…それでも守りたい仲間がいる!!グランドラインを突き進む、ゴーイング・メリー号。そこには、砂漠の国といわれるアラバスタ王国の王女・ビビもいた。アラバスタ王国は悪の秘密結社の暗躍により崩壊の危機に面していたが、ビビは諸悪の根源が国の英雄・クロコダイルだと知ったのだ。

 

アラバスタの人気は不動です。私もアラバスタでも戦いに力が入り、感動に涙しました。とにかく強い!敵も麦わらの一味もものすごく強いです。原作の漫画でもこの物語がいまだに1番好きです。


◆ジャーン!!第1位!!

2009年『ONE PIECE FILM STRONG WORLD』

鼓動のボリュームを上げろ!“東の海”壊滅!?突然のニュースにルフィたちは冒険を中断し“東の海”に戻ろうとするが、その時、上空から謎の海賊船が現れた。恐るべき悪魔の実の能力者で伝説の海賊の“金獅子のシキ”だ!彼はナミを連れ去り、ルフィたち全員を空から地上へ振り落としてしまう!

 

これぞワンピース!これぞ海賊!これぞ仲間!

ナミを助けるために全員で戦うシーンは最高にカッコいいです!!

原作者の尾田栄一郎先生が劇場用にストーリーを書き下ろして製作総指揮を務めた作品としても有名です。

(画像・あらすじ引用元:https://www.videopass.jp/ https://eiga.com/ )

ワンピースおすすめ映画のまとめ

ワンピースのおすすめ映画を勝手に順位付けで紹介させていただきました。

どの映画でもそうですが、好き嫌いは人によって違いますのであくまで参考程度にしてくださいね。原作を読んだ人と読んでいない人でもだいぶ印象が違うと思います。

でもやはりワンピースは人気の作品だけあって、どの映画もアクションには興奮し、友情には感動します!

時間があったり、興味のある方は気になる作品をご覧になってくださいね。

▽ワンピースの映画全作品が無料で観れるのはこちら▽

ワンピースの無料視聴はこちらから

↓関連記事↓

映画 劇場版ONE PIECE STAMPEDE 無料視聴フル動画配信!Dailymotion・Pandoraも確認

ONE PIECE STAMPEDE(ワンピーススタンピード)DVD&Blu-rayの予約・発売日は?特典や最安値価格も調査

-映画

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//