日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

事故 国内ニュース

中央道小仏トンネル内で爆発伴う車両火災!当時の状況画像と原因は?目撃者やネットの反応は!

投稿日:

中央道小仏トンネル内で爆発伴う車両火災が発生しました。当時の状況画像や、原因について調べましたので見ていきましょう。

 

中央道小仏トンネル内で爆発伴う車両火災の概要

今回の車両火災の概要です。

【日時】2020年3月24日(火) 16時57分ごろ

【場所】中央道上り39KP付近

中央道小仏トンネル内で、トラックが炎上し、通行止めになりました。

トラックからは黒煙があがり、消防隊が駆けつけ消火活動を行いました。

爆発音もしていたといい、激しい車両火災でした。

中央道小仏トンネル内で爆発伴う車両火災の場所は?

今回の車両火災の現場がこちらです↓

〒252-0174 神奈川県相模原市緑区千木良

東京都八王子市と神奈川県相模原市緑区の都県境にあるトンネルです。

都県境の小仏峠(標高548m)付近の山を貫いています。 

中央道小仏トンネル内で爆発伴う車両火災の原因は?

今回の中央道小仏トンネル内での車両火災について、原因はまだ明らかになっていません。

現場検証がおこなわれ、原因が追究されるのを待ちたいと思います。

消防庁の発表では、近年国内での車両火災発生件数は年間4000件以上に上り、非常に多くの車両火災が発生しているそうです。

車両火災が発生した場合、高い確率で車は廃車になります。また、今回のような車両サイズの大きなトラックの場合、被害が大きくなる傾向にあり、死傷者もだす大きなトラブルになり得ます。

このような恐ろしい車両火災ですが、車両搭載のパーツが原因になることが多いようです。

ドライバーのメンテナンスで防げることも多いので、定期的にメンテナンスをしっかり行うことが大切だといえます。

トラックには、車両火災の原因になりかねないパーツが数多く存在するため、日常メンテナンスはしっかり行ってほしいと思います。

中央道小仏トンネル内で爆発伴う車両火災の当時状況、画像は?

中央道小仏トンネル内で爆発伴う車両火災の身元情報は?

今回の車両火災の身元については、トラックの運転手ということしかわかっていません。

運転手のほかに、誰かのっていたかどうかについてもわかっていません。

現場では、黒煙が広がり、爆発音もしていたということで、トラックの運転手が無事だったが心配です。

救急車両も駆けつけていたとのことですが、けが人、死者が出ていないことを祈ります…。

 

目撃者やネットの反応

トンネル内に長時間閉じ込められてしまった人、渋滞にはまった人達からはイライラした怒りの声も上がっていました…。

2時間くらい動けなかったという声もあり、本当に大変な思いをされたことと思います。

現場では、トラックから黒煙がもくもく出ていたとのこと。消防隊や救急車両などたくさん駆けつけ、大きな事故だったことが伺えます。

まとめ

中央道小仏トンネル内での車両火災についてまとめました。

爆発音もする大きな火災だったということで、現場に居合わせた方は恐怖を感じたと思います。

また、今回の火災に巻き込まれ、渋滞にはまってしまった方々は大変な思いをされていました。

恐ろしい車両火災を引き起こさないためにも、ドライバーの方々には、メンテナンスをしっかり行ってほしいと思います。

-事故, 国内ニュース

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//