日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

国内ニュース

東京都小金井市緑町で火事!火災当時の動画画像や出火の原因は?ネットの反応も

投稿日:

東京都小金井市緑町で火事が発生したとの情報がありましたので、火災当時の動画画像、出火原因など、まとめました!

 

東京都小金井市緑町で火事の概要、経緯

まずは、今回の火事の概要です!

【日時】2020年4月25日(土)午後2時半頃

【場所】東京都小金井市緑町

小金井市緑町4丁目の建物で火災が発生し、出火元からは真っ赤な炎が燃え上がり、大量の黒煙が立ち上りました。周辺には、その煙が充満していました。

現場では、ドーンという破裂音もし、人の悲鳴も聞こえたようで、現場は一時、騒然とした雰囲気に包まれました。

消防隊の懸命な消火活動により、無事火事は鎮圧されましたが、死者、けが人については不明です。

(救急車両も駆けつけていました。)

新型ウイルスの感染症が心配されるこの時期に、現場には野次馬の周辺住民がたくさん集まってしまい、SNSなどでは、人の密集を心配する声もたくさんあがっていました。

東京都小金井市緑町で火事の場所は

〒184-0003 東京都小金井市緑町

周辺には隣接する建物が多くある地域での火事でした。

東京都立小金井北高等学校の近くという情報がありました。

この火事の影響で北大通は封鎖され、規制がかかっていたようです。

少し離れた小金井公園にいた人からも、煙の臭いがすごかったという情報があり、現場付近は、辺りがみえなくなるほどの煙が蔓延していたことが予想されます。

東京都小金井市緑町で火事の出火原因は?

東京都小金井市緑町の火事の出火原因については、まだ詳しいことはわかっていません。

現在、警察、消防による現場検証が行われ調査中だと思われます。

黒煙が大きく立ち上り、爆発音がしたという情報もあり、そうとう激しい火事だったことがわかっています。

火の取り扱い中のミスによる火事でしょうか。

現在、全国で緊急事態宣言が発動され、自宅で過ごす人が増えています。

自宅で過ごす時間が長くなる分、自宅からの建物火災が大変増えています。

火事の多くは、人の「うっかり」からくる人為的ミスです。

どうか、一人ひとりが、火の元には十分気を付けて、家での自粛生活を安全に過ごしてほしいと思います。

当時の状況動画画像は

当時の状況動画画像はこちらです↓

現場では、ものすごい黒煙が立ち上り、周囲に立ち込め騒然とした様子です。

燃え上がる炎からは恐怖心を感じます。

不安に思った近隣の住民が様子を確認しに、現場付近に集まっていたようです。

火事が発生すると、ついつい現場に様子を見に行きたくなる気持ちはわかりますが、出火現場に近づくのは大変危険です。

また、今は新型ウイルスの感染の心配もありますので、火事現場であろうが、人が集まることは避けていただきたいと思います。

少しは慣れたところから撮影された画像ですが、立ち上る煙がはっきりと確認されます。

煙の大きさから、火事の大きさが伺えますし、現場付近には相当煙が蔓延していたのではないかと予想できます。

被害者身元情報は

今回の火事の被害状況については、詳しいことはまだわかっていません。

この日は、風も相当強かったようで、かなり広範囲で煙の臭いが蔓延していたようです。

現場付近の家では、窓を閉め切っていても、煙の臭いがきつかったという情報もありました。

延焼が起こったかどうかの詳しい情報は今のところ分かっていませんが、風が強かったこと、建物が密集した地域の火事だったことから、延焼が起こらなかったかとても心配です。

これだけ大きな火事でしたから、逃げ遅れによる、死者、けが人がでていないか、煙による中毒者が出ていないかが心配です。

今後の発表を待ちたいと思います。

ネットの反応

ネットの反応をまとめました!↓

この火事の影響で、一部通行止めになっていたようで、多くの人を巻き込む火事になってしまいました。

少し離れたところにいた人たちも、立ち上る煙や消防隊のサイレンの音で、火事に気付いた方が多かったようです。

火事を心配する投稿がSNSで多く見られました。

たくさんの消防車両、ヘリも駆けつけ、現場は騒然とした雰囲気に包まれていたようです。

現場付近の煙は相当すごかったようです。

辺りが煙で真っ白で歩けないというのは、恐ろしい状態です。

中毒も心配されますし、こういう時は、速やかに非難することをおすすめします!

野次馬がたくさん集まっていたようですね。

現場に人が密集して集まるのは、いろんな意味で危険です!

絶対にやめてほしいと思います。

まとめ

東京都小金井市緑町の火事についてまとめました。

動画を見ているだけでも、広がる黒煙に恐怖を感じました。

火災現場にはたくさんの野次馬が集まっていたようですが、大変危険です。

出火当時、強い風が吹いていたということで、火の粉が飛び散ったり、いつ火が延焼を起こしてもおかしくありません。

火は一瞬で広がります。

火災が起きた時に、興味本位で現場に近づいたりすることは、命の危険性があるのです。

火の恐ろしさを一人ひとりが改めて認識してほしいと思います。

 

-国内ニュース

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//