日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

イベント

春日大社節分万燈籠2020の駐車場、アクセス混雑譲許や見どころを紹介!

投稿日:

今年も残すところわずか1か月半を切りました。

1年ってあっという間に過ぎていきますよね~

 

今回少し早いですが節分に行われるイベントの紹介をします!

紹介するのは奈良県の春日大社で開催される「春日大社節分万燈籠(かすがたいしゃせつぶんまんとうろう)」です。

春日大社は創建1250年もの歴史があります。

1250年って、理解しがたいくらい昔ですよね・・・

ではさっそくですが、「春日大社節分万燈籠」について紹介していきます!

 

春日大社節分万燈籠2020とは?

まずは春日大社の魅力からお伝えしたいと思います。

春日大社は先ほども言った通り1250年も前に建てられた歴史あるもので、平成10年12月には春日大社を含んだ「古都奈良の文化財」がユネスコの世界遺産に登録されています。

 

1250年って、桁が違いすぎて逆に凄さがわからないくらいですが・・・

ユネスコの世界遺産にも登録されているくらいなので、とにかく素晴らしいものだとわかっていただければと思います。

どうしてそんな長い期間が経っているのに、春日大社の本殿や白い壁などが素晴らしい姿のまま保たれているのかというと、20年に1度行われる「式年造替」という制度があるからです。

「式年造替」により、修繕・新調・厳修が行われているからこそ、1250年経ってもたくさんの人に長く愛されているのです。

 

そして今回紹介する「春日大社節分万燈籠」は、毎年節分の日に開催されている行事です。

鏡内にある2000基の石燈籠、1000基の釣燈籠は800年ほど前から貴族や武士を始め、一般国民からも奉納されたものです。

そのなかには全国で2番目に古い石燈籠といわれている伝関白藤原忠道が奉納した「柚木燈籠」(1136年)や藤原頼道の寄進と伝わる「瑠璃燈籠」(1038年)があります。

正直難しい言葉が並ぶとよくわからなくなってしまいますが、日本国民に馴染みのある“藤原忠通”や“藤原頼道”が出てくると凄さを実感できますよね!

約3000基の燈籠が春日大社に奉納されているわけですが、その大半は“家内安全”“商売繁盛”“武運長久”“先祖の冥福向上”などの願いを込めて寄進されたものです。

室町末期から江戸時代にかけては一般庶民や春日講中からのものが多いようです。

 “家内安全”や“商売繁盛”を神に祈るというのは、昔から変わらない日本の特徴のひとつでもあるということがよくわかりますね。

「春日大社節分万燈籠」では回廊沿いの投影に幻想の世界が現れ、日本全国から訪れる参拝者で賑わいます。

 

春日大社節分万燈籠2020の基本情報

○開催名 節分万燈籠

○開催日 2020年2月3日(月)

○開催時間 17:30~舞楽奉納

      18:00~全燈籠に灯がともる

      20:30 閉門予定

○開催場所 春日大社

○お問い合わせ先 0742-22-7788

○料金 回廊内特別参拝 500円・3000円以上の初穂料で献燈可能

 

全燈籠に火が入るのは「節分万燈籠」と8月14・15日のみの年に2回しかない貴重な行事です。

お盆は実家に帰省したりとなかなか足を運べる機会がないと思うので、ぜひ「節分万燈籠」で春日大社の燈籠の魅力を体感してみてください!

 

春日大社節分万燈籠2020の開催日程

○開催日 2020年2月3日(月)

○開催時間 17:30~舞楽奉納

      18:00~全燈籠に灯がともる

      20:30 閉門予定

 

終わる時間もそこまで遅くはないので、平日ではありますが行きやすいのではないでしょうか?

また雨天の場合ですが、公式には何も情報がありません・・・

あまりにもひどい天気だったら中止になる場合もあるかもしれませんが、小雨くらいだったら開催されるのではないでしょうか?

 

春日大社節分万燈籠2020の開催場所

○開催場所 春日大社

奈良県奈良市春日野町160

0742-22-7788

 

奈良公園も近くにありますし、その日は奈良を観光するのもアリですね!

時間があるのなら、ぜひ午前中から奈良を観光して最後に「春日大社節分万燈籠」で1日を締めくくるなんてどうでしょうか~

同じことを考える人もいると思うので、混むかもしれませんが・・・

せっかくなら観光したいですよね~!

 

春日大社万燈籠2020のアクセス方法は?

電車:近鉄奈良駅から春日大社本殿行バス8分→終点下車すぐ

バス:近鉄奈良駅から市内循環バス8分→「春日大社表参道」下車徒歩10分

車:京奈和自動車道「木津IC」から約20分

  名神高速道「京都南IC」から京奈和自動車道経由約60分

  第2阪奈有料道路「宝来IC」から東へ約20分

  西名阪自動車道「天理IC」からR169経由約20分

 

公共交通機関を利用する方は最終的にはバスを利用しなければいけないですね!

車で行かれる方は渋滞に巻き込まれたり駐車場を探すのが大変だと思うので、公共交通機関を利用するのが1番いいかもしれません!

 

春日大社節分万燈籠2020の混雑状況と駐車場情報

燈籠の数は日本1ですし、年に2回しか全燈籠に灯がともされる機会はないので、もちろんたくさんの人が訪れます。

しかし、お盆のときよりは冬で寒いせいか混雑は少ないという噂があります。

せっかくならゆっくりみたいですよね~!

ゆっくり写真を撮ってまわるには少し込み具合が気になるかもしれませんが、混みすぎて全然みられない!なんてことはないようです。

 

また車で行く場合、気になるのは駐車場ですよね!

春日大社には、バス・乗用車合わせて100台ほどの駐車場があります。

料金は普通車ですと1000円です。

(期間によっては一般車両が入れない場合があります)

 

春日大社の駐車場が満車になっていたら、こちらを参考にしてください。

 

はやめに行くと春日大社の駐車場が満車になる前に停められるみたいなので、はやめの行動をおすすめします!

 

春日大社節分万燈籠2020の見どころ

引用元:http://www.kasugataisha.or.jp/about/index.html

引用元:https://www.flickr.com/photos/94384424@N03/12374046793

引用元:https://narashikanko.or.jp/event/%E7%AF%80%E5%88%86%E4%B8%87%E7%87%88%E7%B1%A0%EF%BC%8F%E6%98%A5%E6%97%A5%E5%A4%A7%E7%A4%BE/

 

1250年もの歴史がある春日大社にある燈籠は全部同じわけではないので、いろいろな楽しみ方があるようです。

奈良といえば“鹿”が思い浮かぶと思いますが、燈籠にも“鹿”が型どられたものがあるようです!

それも1種類ではなく、「雌雄の鹿」・鹿の上に紅葉・「寝鹿型燈籠」といわれる男鹿と女鹿がうずくまっているものなど・・・

ぜひ探してみてください!

 

また、「春日大名神」と刻まれた燈籠を3基見つけると長者になれるという言い伝えがあるようなので、ぜひ「春日大名神」と書かれている燈籠を探して長者になりましょう!!!

 

春日大社節分万燈籠を見に行った人の感想

年に2回しかみることができませんが、だからこそぜひ1度はみておくべきものかもしれません。

燈籠の数は日本1なので、感激すること間違いないでしょう!

 

まとめ

今回は奈良県で開催される「春日大社節分万燈籠」について紹介していきました。

写真でもすごく綺麗なので、自分の目で1度はみてみたいですよね!

ぜひお時間がある方は行ってみてください!

-イベント

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//