日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

事故

東武東上線みずほ台駅付近で急行と乗用車が衝突!当時の状況画像と身元情報は?ネットの反応も!

投稿日:

11月27日午後5時過ぎ、埼玉県富士見市の東部東上線の踏切で電車と乗用車が衝突する事故がありました。

 

車と車でさえ事故の衝撃はとても強いものなのに、電車と車となると、考えただけで恐ろしいですよね・・・

 

今回は当時の状況や乗用車を運転していた方の身元やけがの状況なども含めて、事故について詳しく調査していきましょう。

引用元:https://gourmet-park.site/archives/6886

東武東上線みずほ台駅付近で起きた衝突事故の概要

27日の午後5時過ぎ、埼玉県富士見市のみずほ台駅付近の東部東上線の踏切で、電車と乗用車が衝突する事故がありました。

電車には乗客およそ1000人がいたようですが、けが人はいないということです。

乗用車を運転していた男性は軽傷を負ったようです。

 

また、事故により電車の乗客およそ1000人はみずほ台駅まで線路を歩き、東部東上線の志木駅と上福岡駅の上下線で運転を見合わせるなどの影響がでました。

 

夕方の帰宅ラッシュの時間ですし、乗客も多かったのでしょう。

しかし、乗客にけが人がでなかったこと、乗用車の運転手が軽傷で済んだことは不幸中の幸いでしょう。

重症あるいは命を落としていた可能性だって十分に考えられますよね。

乗用車と乗用車の事故でも命を落としてしまう方がたくさんいらっしゃるので、電車と乗用車が衝突したとなれば、衝撃はもっと強かったことでしょう。

 

東部東上線みずほ台駅付近で起きた衝突事故の当時の状況、画像は?

電車は駅の間で停止し、事故直後の午後5時半頃から、電車に乗っていたおよそ1000人の乗客はみずほ台駅まで線路上を歩き避難しました。

 

当時は、東部東上線の志木駅・上福岡駅の上下線で運転を見合わせていた状況で、運転の再開の目処はたっていませんでした。

 

こちらは事故当時の状況がわかる画像と動画です。

引用元:https://gourmet-park.site/archives/6886

 

画像でもわかりますが、動画のほうがわかりやすいかと思います。

乗用車が電車と衝突したことが明らかにわかります。

 

この画像や動画を見る限り、命を落とさなかったことが本当に奇跡のように感じます。

乗用車のうしろ側が電車に轢かれてしまっているような状態なのですが、これがあと何十センチか前だったらもっと大きなけがを負っていたでしょう。

最悪の場合命を落としていたかもしれません。

まさにこれを“不幸中の幸い”というのでしょう。

東武東上線みずほ台駅付近で起きた衝突事故の原因は?

そもそもどうしてこんなことになってしまったのかということですが・・・

 

電車は停車駅以外では基本止まることはありませんし、もちろん踏切では車や歩行者が止まるのが当たり前です。

ということから、原因は乗用車にあるということになります。

 

乗用を運転していた男性は「踏切を通過中に立ち往生、遮断機が下りて出られなくなった」と話しているようです。

踏切を通過中に立ち往生するとは、どういうことなのでしょうか・・・

 

踏切に入る前に一時停止をするというのは、ルールで定められていますが、踏切内に入ったらそのまま止まらずに通過するのが普通ですよね。

踏切内で立ち往生してしまった理由が何かあるのでしょうか・・・

 

詳しい原因に関しては現段階ではよくわかっていないということですね。

東武東上線みずほ台駅付近で起きた衝突事故の身元情報は?

現段階では身元情報については年齢だけしか公開されていません。

乗用車を運転していたのは77歳の男性です。

けがをしたのは乗用車の運転手の男性だけで、命に別条はないということです。

 

77歳ということで、またもや高齢者運転の問題が浮上してくるのではないでしょうか。

例え普段は何てことなく運転していたとしても、こういう大きな事故を起こしてしまうと、やはり高齢者運転は危険だと思われてしまうでしょう。

自分はよくても、誰かを巻き込んでしまう可能性がありますからね・・・

ネットの反応

・「昨日の事故でいつも東上線を利用している友人が普段20時に帰れるのが4時間遅れの12時過ぎになったとメールがあった、本当に迷惑だと怒り心頭だった。」

・「確かに現場は車一台ギリギリって細さの踏切だけど、なんで立ち往生になるのか。無理にでも突っ切ればいいと思うんだけど。心臓とか脳に問題があったわけじゃなさそうだし。」

・「ここの踏み切りは年寄りは通ってはダメだよ!車が通ったら、人とすれ違い出来ない狭さだもん!立ち往生と言うか、恐らく、線路の砂利に落ちたと思う。運転操作の誤りだよ。」

・「東武鉄道の人身事故は本当に多い。私は、西武鉄道も利用してるが、西武鉄道の人身事故も多い。なぜこんに日頃鉄道の人身事故が多いか疑問があるな。」

 

どうやら事故が起きた踏切は非常に狭い踏切だったようですね。

立ち往生してしまう原因となったのは、運転操作の誤りの可能性もあるかもしれないですね。

無理な運転は絶対にやめましょう。

特に電車との事故となると、想像できないほどの人に迷惑がかかってしまいます。

まとめ

東部東上線のみずほ台駅付近の踏切で起きた電車と乗用車が衝突した事故についてまとめていきました。

今回乗用車を運転していたのが77歳の男性ということで、運転操作を誤ってしまった可能性もあるでしょう。

高齢者運転の事故が多い時代ではありますが、運転をする際は誰でも細心の注意を心がけましょう。

無理な運転をするのは絶対によくないと改めて感じる事故でした。

-事故

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//