日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

映画

小説の神様(映画)あらすじやキャスト、ネタバレは?結末や原作も調査!

投稿日:

相沢沙呼さんの人気小説「小説の神様」が実写映画化されることが決定しました。

主演は「EXILE/FANTASTICS」の佐藤大樹さんと、橋本環奈さんのダブル主演です。

このお2人がダブル主演を飾る上に、「HiGH&LOW」シリーズや500本を超えるMVを手掛けた久保茂昭監督がメガホンをとる作品となっているので、公開が待ち遠しい作品のうちの1作となっています。

この記事では映画「小説の神様」のあらすじやキャスト、原作の情報などをまとめていきたいと思います。

 

小説の神様とは

(画像引用元:https://www.cinra.net/news/20191216-shoukami)

今回この記事でご紹介する「小説の神様」は、相沢沙呼さんの小説「小説の神様」を実写映画化した作品で、2020年5月22日公開予定です。

内容としては、高校生小説家の2人を描いた作品となっています。

主演は先程ご紹介した佐藤大樹さんと橋本環奈さん。

お2人とも話題の作品に多数出演されていますよね。

監督は久保茂昭監督。

「HiGH&LOW」シリーズや関ジャニ∞、倖田來未さん、AKB48など数々のMVを手掛けた方です。

小説の神様のあらすじは

物語は同じ高校で同じクラスにいる高校生作家の2人が中心となって描かれていきます。

中学生デビューという衝撃的なデビューを飾ったものの、発表する作品はどれも酷評され、売り上げも振るわないナイーブな高校生小説家、千谷一也(佐藤大樹さん)と、同じクラスにいる人気者で発表する作品はどれもヒット作となるドS高校生小説家という性格もクラスでのポジションも小説への評価も全く異なる2人ですが、編集者からとあるミッションを出されました。

それは、2人で力を合わせてひとつの物語を書き、世の中の人々の心を大きく動かすようなベストセラーを生み出すことでした。

ここから先はぜひ劇場でご覧ください!

小説の神様のキャストは

ここでは現段階で発表されているキャストについてまとめていきたいと思います。

 

千谷一也役:佐藤大樹さん

(画像引用元:https://www.vivi.tv/post19288/)

【僕が一番大好きで最も尊敬している久保監督から『この作品を一緒にやらないか?』とオファーを受けた時、断る理由が見つかりませんでした。企画から数年経ち、ようやく実現した映画化に僕を指名してくれた事、本当に嬉しかったです】

【僕が演じる一也は普段の僕とは真逆の見た目や性格でした。だからこそ演じ甲斐がありましたし、役作りやどんな作品にしたいかなどを監督と密に話し合い共に作りあげていきました!】

(引用元:https://eiga.com/news/20191216/6/)

小余綾詩凪役:橋本環奈さん

(画像引用元:https://www.oricon.co.jp/special/53628/)

【過去作で高校生役は数多く演じさせて頂きましたがクラスに職業作家が2人いるというリアリティの有りそうで無さそうなこの役はある種新たなる挑戦でもありました】

【そんな詩凪と佐藤大樹さん演じる千谷一也が仲間とどう葛藤を乗り越え、また小説を紡いでいくのか久保監督演出の素晴らしい映像美と共に是非ご注目頂きたいと思います】

(引用元:https://eiga.com/news/20191216/6/)

この他のキャストについてはまだ発表されていないようなので、今後の発表が楽しみですね!

小説の神様のネタバレ、結末は?

映画「小説の神様」のネタバレ、結末については、公開前の映画だったので情報がありませんでした。

原作版と映画版だと若干物語やラストは異なるかもしれませんが、ここでは原作版のネタバレ、結末についてまとめていきたいと思います。

一緒に物語を作ることになった一也と誌凪ですが、2人はそれぞれ違った悩みを抱えています。

一也は小説家の父親の背中を見て小説家になったものの、発表した4作はどれもネットで批判され、売れ行きもよくありません。

そのせいで自分の描きたいものもわからなくなっていってしまいます。

それだけでなく、一也には妹がいるのですが、難病で入院している妹のためにも売れたいという気持ちが大きいようでした。

一方で売れっ子小説家の誌凪もどんどん小説が書けなくなっていきます。

その理由は、前の学校での嫌がらせでした。

そんな悩みを抱えた2人ですが、2人は役割を分担して小説を書くことにします。

誌凪が物語を考え、一也が文章を書くというスタイルです。

しかし、そこでも2人の意見は対立してしまいます。

このように、小説とは何か、物語とはどういうことなのか、何故小説を書いているのか…ということについてとことん考えていく作品となっています。

小説の神様の原作は

(画像引用元:https://www.amazon.co.jp/%E5%B0%8F%E8%AA%AC%E3%81%AE%E7%A5%9E%E6%A7%98-%E8%AC%9B%E8%AB%87%E7%A4%BE%E3%82%BF%E3%82%A4%E3%82%AC-%E7%9B%B8%E6%B2%A2%E6%B2%99%E5%91%BC-ebook/dp/B01H4OTCDK)

原作である小説「小説の神様」のネタバレをご紹介したところで、ここでは「小説の神様」の原作情報についてまとめていきたいと思います。

原作となっている小説「小説の神様」は、相沢沙呼さんが書いた小説で、講談社から出版されています。

気になる方は一度読んでみてはいかがでしょうか?

小説の神様を今すぐ読むには? 

ここまで記事を読んだ方には「小説の神様を読んでみたい!」という方も多いのではないでしょうか。

U-NEXTなら「小説の神様」をはじめとした様々な作品を読むことができます!

31日間無料体験もあるので、気になる方はまず登録だけでもしてみてはいかがでしょうか?

U-NEXTはこちらからどうぞ☆→ 今すぐ小説の神様を読む!

まとめ

いかがでしたか?

映画「小説の神様」の公開は2020年5月22日と少し先ですが、それまでにまず原作を読んでみるのもいいかもしれません。

今後キャストの発表もあると思うので、そこにも期待ですね!

-映画

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//