日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

国内ニュース 政治経済

ジャパンライフ顧問料を受け取っていた元官僚5人は誰か!その金額は?

投稿日:

磁気製品の預託商法を展開して約二千四百億円の負債を抱えて破綻した「ジャパンライフ」(東京、破産手続き中)が、元官僚や元新聞社幹部ら5人に、2005~17年度に顧問料として支払いをしていたそうです。

ジャパンライフといえば安部首相主催の「桜を見る会」に招待されたとして、「多くの被害者が信頼できる会社と誤解した」と指摘されていましたね。多くの政治家に政治献金を行っていたともされています。

やはり官僚や幹部に被害額は流れていました。

 

ジャパンライフ顧問料として約1億4千万円渡していた

今春に特定商取引法違反容疑で警視庁などの捜索を受けた磁気治療器販売会社「ジャパンライフ」(破産手続き中)について、被害弁護団は18日、同社が元官僚ら5人に計約1億4511万円の顧問料を支払っていたと発表しました。

出資者を信用させるため、元官僚らを顧問とした可能性があるということです。

 

お金を受け取った偉い方々は人を騙すために利用されたのです。これは「知らなかった」で済む問題なのでしょうか?逆に言えばお金をもらえるならどんな肩書でも


なってあげるのが官僚らのお仕事でもあるのでしょうか?

 

ジャパンライフ問題とは?

ジャパンライフは、100万円から600万円もする磁気治療器を購入してそれをレンタルするオーナーになると、販売価格の6%を還元するとうたって高齢女性らを中心に老後の資産のほとんどをつぎ込ませるという詐欺組織です。 約7000人がだまされ、約1800億円の消費者被害を出しました。

この詐欺被害にあい、体調を崩し、絶望の日々の中、家族からも責められ、自らを責めているのは高齢者たちです。

キーワードは「高齢者に収入、いつまでも若々しく、楽しい居場所を作る」という巧みな騙し文句でした。年金しかなく、生きがいを見いだせず、自分の居場所がなくなってしまっていると感じている高齢者に対してこの言葉はすがるような思いだったのではないでしょうか。

巧みな話術、家族が聞いてくれないような話を親身になって聞いてもらい、無料のエステやマッサージを受け、食事会や歌謡ショーなどの楽しいイベントに招待される。

そして自分でも気づかないうちに全財産をジャパンライフにつぎ込んでしまった…。気づいたときには家族からも責められ、友人もなくし、お金もなくなり、生きているのさえつらくなったといいます。

 

こんな詐欺集団が野放しにされたのではありません。

ジャパンライフは特定商取引法違反などで2016年12月に消費者庁から業務停止命令を出され、その後も3回にわたって命令が出されるなど、社会問題になりつつあったにもかかわらず、新聞やテレビでは、その間も、ジャパンライフの商品情報やCMを流し続けていました。

自社のパンフレットには偉い人たちの名前が顧問として書かれている。

 

これは騙されたほうが悪いというのはおかしいです。

完全に騙したほうが悪いです。悪いとわかっていてお金をもらって宣伝塔になるって、その人も悪いです。

騙された人は責められることがあってはならないし、家族は見放してはいけないです。

それだけ寂しい思いをしていたのだと、寄り添って生きていかなくちゃダメです。

顧問料と受け取っていた元官僚とは誰?

顧問料を受け取っていた方はこちらの方々です。肩書しかわからない方もいてすみません。

 

元消費者庁課長補佐

中嶋誠元特許庁長官

松尾篤元経済企画庁長官秘書

橘優元朝日新聞の政治部記者

佐藤征夫元科学技術庁の官僚

受け取っていた金額は?

受け取っていた顧問料の金額と受け取り期間がこちらです。

 

元消費者庁課長補佐:2015年度で360万円

中嶋誠元特許庁長官:2016年度で300万円

松尾篤元経済企画庁長官秘書官:2005年度から2017年度で計9,060万円

橘優元朝日新聞政治部長:2013年度から2017年度で計3,011万円余

佐藤征夫元科学技術庁科学技術政策研究所長:2010~2017年度で計1780万円

ネットの反応

まとめ

自分の国ですから、日本が好きです。

いい国であってほしいと願います。お金が欲しい人はどんどん稼げばいいです。努力をした人が報われるのは全然問題ないです。貧富の差はあってもおかしくないと思います。働かない人はお金がなくてもそれは自分のせいですから。

でも騙してお金を稼ぐなんて、しかも弱みにつけ込んで弱者からお金を巻き上げるなんて、それは仕事ではなく犯罪です。

日本人は頭がいいです。働かずしてお金を儲ける方法を次から次へと考えだします。

ラクをしてお金を儲けられると言われたら疑いましょう。そんな美味しい話には「嘘」が入っています。

騙される人がいなくなればマルチや詐欺はなくなります。

自分で自分を守る以外、今は食い止められない時代になっています。

高齢者の方には是非ご家族や親族の方が見守ってあげて欲しいと思います。

-国内ニュース, 政治経済

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//