日々のきになることや、ニュース、話題をブログにしています。

ユキタカ通信

国内ニュース

東京都北区岩淵町赤羽岩淵駅近くで火事火災!当時の状況動画と出火の原因は?

更新日:

1月12日午後、東京都北区岩淵町で火災が発生しました。

この火事で1人がけがをしたとのことです。

 

それにしても、この時期は全国的に火事が多いですよね・・・

ストーブを使用する時期だからか、乾燥しやすいからなのか・・・

 

今回は、12日に東京北区岩淵町で起きた火災について調査していきましょう。

当時の状況がわかる動画も載せていきます。

 

東京都北区岩淵町赤羽岩淵駅近くで火事の概要

引用元:https://matomedane.jp/komugi/page/44849/t_image/794117

“12日夕方、東京・北区の赤羽駅近くの住宅で火事があり、消防が消火活動を続けています。

消防によりますとけが人が1人出ているということです。

12日午後4時半ごろ、東京・北区岩淵町の2階建ての住宅から火が出て、消防が現在も消火活動を続けています。

消防によりますと、この火事によりけが人が1人出ているということです。

NHKのヘリコプターから午後4時50分頃に撮影した映像では、住宅から炎や煙が上がり、消防隊が住宅の間の路地でホースをのばしたり、建物に水をかけたりしていました。

火事が起きた現場はJR赤羽駅から北東に800メートルほど離れた荒川近くの地域で、住宅などが密集しています。”

引用:https://www3.nhk.or.jp/shutoken-news/20200112/1000042497.html

住宅街での火事って非常に怖いですよね。

さらに今はとても乾燥している時期なので、すぐにほかの建物へ延焼してしまいます。

実際に今回の火事でも、延焼してしまいました。

この時期は消防車をよく見かけますよね。

そのたびに「また火事か~・・・」と思ってしまいます。

 

一体、出火原因は何だったのでしょうか?

東京都北区岩淵町赤羽岩淵駅近くで火事の経緯

火災が発生したのは、東京都北区岩淵町赤羽岩淵駅近くの住宅街。

火災発生時刻は午後4時半ごろ。

 

消防車は22台ほど駆け付け、消火活動を行いました。

しかし、ホースが届かないなどの事態があり、とても苦労していたということが近隣の方から伝えられています。

 

出火元は2階建ての住宅だったようです。

しかし、近隣の建物にも延焼し、黒い煙が空に上がっていきました。

火災現場付近ではなく、少し離れたところからでもわかるほどの煙です。

 

残念ながら、1人がけがをしてしまったようです。

命を落とした方がいなかったというのは不幸中の幸いでしょう。

 

しかし本当にこの時期は火事が多いですね。

みなさん気をつけてはいると思うのですが、毎年起こってしまうのですよね・・・

 

今回の火事の原因は何だったのでしょうか?

東京都北区岩淵町赤羽岩淵駅近くで火事の出火原因は?

現段階では、火事の出火原因については明らかにされていません。

おそらく警察と消防が調査しているのでしょう。

 

考えられるのは、ストーブなどの火ですね。

火の取り扱いがなにかと増える時期ですし、空気も乾燥しているので気をつけなければなりません。

 

今回の火災発生場所は、2階建ての住宅ということなので、ストーブではないでしょうか?

もしも木造住宅だったらなお燃えやすいので大変危険です。

自分の家だけではなく、近隣の方を巻き込んでしまう可能性も十分にありますからね・・・

火の取り扱いには十分に注意しましょう。

東京都北区岩淵町赤羽岩淵駅近くで火事の場所は?

今回火事があったのは、東京都北区岩淵町です。

そして、赤羽岩淵駅近くの住宅街ということです。

地図からでもわかるように、赤羽岩淵駅近くは住宅街がたくさんあります。

住宅が密集しているような地域での火事は、延焼が恐ろしいです。

最終的には、5棟ほどの住宅が燃えてしまったようです。

だいたい40平方メートルとのころです。

 

とにかく火の取り扱いには要注意です。

当時の状況動画や画像は?

ツイッターには当時の状況がわかる動画や画像が近隣の方から投稿されていました。

火事の煙って、なかなか見るものでもないのでとても恐ろしかったと思います。

延焼してしまえばしてしまうほど、黒い煙が空に上がっていきますからね・・・

 

火災発生時から2時間経過したときにはまだ消火活動は行われていたとのことなので、かなり大きな火災だったのでしょう。

住宅街が密集していることもあり、消しても消しても火は続々と移っていってしまうのでしょう。

 

この時期の火事の恐ろしさを改めて実感しますね。

乾燥がここまで影響を与えてしまうのです。

 

普段から気をつけているかとは思いますが、火の取り扱いには改めて注意しましょう。

被害者身元情報は?

今回の火災では、1人がけがをしたという情報が入っています。

けがをしたのは、火元と思われる住宅に住む男性で、顔にやけどを負ったようです。

 

命には別条ないとのことですが、心配ですね。

回復を祈っています。

 

真夜中に起きた火災ではないので、逃げやすかったというのはあるかと思います。

そのおかげで、ほとんどの方が逃げ切れたようですし。

 

命を落とした方がいなかったというのは不幸中の幸いですが、

火災が発生しないようにもっと注意深く生活しなければいけませんね。

ネットの反応

やはり地図でわかるように、住宅がかなり密集している地域のようですね。

とにかく火の取り扱いに注意し、火事が起こらないように気をつけましょう。

 

まとめ

今回は東京都北区岩淵町赤羽岩淵駅近くで起きた火事についてまとめました。

延焼の恐ろしさを改めて実感しました。

乾燥している時期なので、みなさん気をつけましょう。

-国内ニュース

Copyright© ユキタカ通信 , 2020 All Rights Reserved Powered by STINGER.

//